スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年ぶりかしら?

2017年02月07日 14:03

いつの間にかここを放置してはや数年・・・
もう、あの頃のお友達は見てないことと思いつつ、
新たなブログを作ろうかなーと思った時に、敢えてここをもう一度、という気持ちにふとなったので、
ひっそりと更新してみることとしました。
あの頃と違うのは、私の住んでいるところが高知から福岡に変わったこと。
好きなジャニーズが嵐からNEWSとKAT-TUNに変わったこと、かな。
おじぬこ(猫)と、ぷっちゃん(インコ)もばあばも元気。
まあ、ただ私のお仕事がなかなかしっくりくるところに決まりません。
いくつかのところで働いてみたし、今も働いてはいるけど、先を考えて働ける感じではないので、まだまだ仕事探し中といったところです。
スポンサーサイト

人間バージョンの防災グッズ

2011年04月11日 17:51

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


どうもどうも、最近在宅でのバイトにチェンジしたので
結構な忙しさです。
身体はほぼ使わず、頭というかそっち系を使うのって
意外にしんどいっすなー。
いやまあ、頭を使うのともちょっと違うかもしれんけどぉー。

まあでも、家で仕事できるとぽぽぷぷとの時間をちょっとでも
作ってあげられるのが何よりなのです。


とゆーことで、今回は人間バージョンの防災グッズをご紹介したいと思いまふ。

NEC_0543_20110411163646.jpg

1つの画像に一気に詰め込みました(笑)

非常用飲料水(5年消費期限あり)1リットル。でもこれも数年前に買ったから
ボチボチ買い替え時かなー。
いわずとしれた乾パン。缶入りのものには氷砂糖も入ってるって知ってました?
甘いものは食べ物がないときに大事らしいっす。
そしてチョコレート。遭難した人がよく、チョコレートを舐めて生き延びたって聞くので。
(あやふやな記憶)

阪神大震災の時に役立ったものとして上位にあげられたラップ。
よく分からないけど、実際に被災した人の実感だからきっと役に立つはず。
軍手。これはぽぽさん対策・・・ではなく、逃げる時とか、避難した後の
物資を運んだり?とにかく、怪我防止のためにあったほうがよいかと。
電池類。ちょっとここんとこ減っちゃったけど・・・そのうち補充。今は無理ね、うん。

少しの着替え。シャツと下着。そしてタオル。
ウインドブレーカー。
女性ですので(一応まだ、ね)衛生用品。
常備薬、ええ、鎮痛剤(笑)薬もないないって今回随分言われてましたものね、必需です。
タオル自体も用意してますけど、これらのものをまとめるのに
タオルで袋を作ってます。
しつけ糸でぐし縫いで、いざとなったらほどいてタオルとして使えるようにね。
しつけなら簡単に切れますから~。

簡易トイレと、ホッカイロ、抗菌のポリ袋。防寒シート。
ちっちゃなハンディライトとライター。
ポリ袋はいざとなったらトイレ代わりに、カッパ代わりに、
水を汲んでくるとか?(破れそう?)
なので容量の大きいものをチョイスしました。

あとねー、ほんっと些細なことなんですが、
私髪の毛が長いので、髪をくくるゴムね。これ今まで考えてなかったんだけど、
もしもそういう状況になったら絶対邪魔になると思うの。
そのときに切ってもいいけど、まあ、とりあえずまとめとけーって時にくくるもんがないとねー。
今後髪切ったりしても、ショートカットじゃない限りはあったほうが便利かと。
他の用途にも使えるし。

我が家は母と私で防災手帳を持っています。
お互いの写真、データ、10円玉とテレホンカードを入れてあります。
これでもし、万が一ってことがあっても、身元が分かりやすいかなと。

笛はリュックの外にくくりつけてます。
瓦礫の下になってしまったら、背負ったリュックを下ろして、開けて、
なんて悠長にやってられないかもしれませんしね。

リュックは高校生?のころに流行ったOUTDOORのもの。
いやー、こんな時に役立つとは思わなかったけど、丈夫なので助かります。

で、懐中電灯ね。
これはハンディでも使えます。
今回、電池電池騒動がすごかったので、ハンディのほうがいいな、と。
ラジオも聞けて、携帯も充電できて、サーチライトにもなります。
もちろん、電池で使うことも出来ます。

ちなみに、別売りでACアダプターがあるようですが、
電気が使える状態でこれ使うことってあるの?と
謎に思ったワタクシでした(笑)

今ざっと見て、抗菌ウエットシートがあればいいなと思いますたねー。
あれ?簡単な裁縫セットと救急セットはいずこへいったのだー。

これは今回そろえたものはほとんどなく、
数年前からずっと用意しています。
結構100均でそろえたものも多く、出かけて見つけるとちょいちょいと買い足して、
今に至ります。

そしてネットショッピングで見つけたものとかもちょいちょい。

それでも完璧とはいえないっていうか、
被災するって言ってもどういう状況になるのかは誰にも分からないですからねー、
完璧にはなりようがないというか。

我が家ではこんなの用意してるよーってのあったら教えてくださいなー。

・・・防災ずきんはいるのかしら?ヘルメットは持ってねーし。

そして室内には布団の近くにランタンとズック(表現古っ)を置いてます。
どんだけ怖がりなんだってな話ですが。
エネループを買わなきゃなあ~って最近思っておりま。
もちろん停電になったら意味ないけど、万が一こっちも計画停電とかになったらね、
そゆ時には使えるでしょー。
それに私のパソコンのマウスは無線なので普段でも電池がいりますー(笑)


という、延々と私の防災についてでございました。
妹には防災大臣と言われております。
れんほーさんみたいに便座のぬくいのは切れとかってよりは
有効だと思いますわー。

ってか便座ぬくぬく(正式名称知らないんですけど)って
今当たり前なの?うち普通にありませんけど。
心臓が弱いとかいうお方なら分かりますけど、健康な人がいちいち
ケツぬくめる必要ってあるんですか?夏は冷やしてくれるのかしら?
謎グッズですよー。便座カバーしたらひやくないのにぃ。

そして私の室内には元から背の高い家具はありまへん。
お金がないので家具を買わないというのが正解です、ええ。
狭いので背の高い家具は圧迫感があるからチョイスしなかっただけです、エヘ。
けどおかげでものが落ちてくるってことはほぼないですな。
ちょこっと飾ってる雑貨も割れ物は下のほうに置くように心がけております。

高いところにあるのはエアコンと電気ですが・・・
電気もつけることがないので撤去しようかしら・・・?(どんな部屋だ!)

倒れるとしたらテレビかなー。
テレビの傍では寝てませんけど、仮にそうだとしても、
落ちてきて頭の上に落ちてきても、まあ怪我はしないくらいの高さですな。
「いってー!」くらいな?(なんてあいまいな表現)

よそのお宅の防災状況も興味ありますー。
私の周りではあまりなにもしてないって人が多いです。
私は相当ビビりなのか?コザクラだんすぃ並みに?

NEC_0528.jpg

「いざというときは飛ぶのよ、おかあたん!」

・・・うん、飛びたいけど重たくって飛べないと思うー。


なんだか、超自己満足にナルシスティックに防災を語りましたとさ。

どうしているのでしょうか

2011年03月19日 17:33

震災から1週間。

という、ブログ記事があちこちに溢れております。
タイトルを見ただけで
地震のことだな~というくらいに。

私はブログ以外にmixiもやってますが、
普段どおりのことを書くことさえ許されないような雰囲気になっております。

なんていうんでしょうか、笑ってはいけない、みたいな。
(年末のダウンタウンの番組ではなく)

私たち、被災しなかった人間は、
被災した人たちの辛さを考えて笑ったり楽しんだりしてはいけないのかしら、
と、思わされます。

正直分からないですよ、どうなのか。
だって、被災経験ないですから・・・
想像しか出来ません。

ブログでひたすら、心を痛めております、祈っております、
と書き続けなければならないのか。

それが被災者の方々へのなにかになるのか。

心の中で思っていても、ブログでほかの事を書いては
非常識、不謹慎なのか。

分かりませんね、私には。
でも、かといって開き直るほどの人間でもないわけですが。



きっと、そのうち亡くなった方、行方不明の方、
ある程度ハッキリし、方向性が見えてきたら、
メディアへの露出は減っていくでしょう。
そして、その頃からみんな少しづつ思い出す頻度は減っていくのでしょう。

でも、本当の戦いはそこからなハズです。
だけど、一番大変な時に、みんな少しづつ忘れていく・・・。

もちろん、そうじゃない人だってたくさんいるでしょう。


ただ、毎日毎日ネットで同じようなものを見ているうちに、
一体どのくらいの人がずっとずっと同じ心を持ち続けていくんだろう、
ってそう思います。

もちろん、自分も含めね。


でも、できることはします。
と言っても今はまだ・・・ないみたいですが。
募金、しか。
あとは、ガソリンを少しでも無駄遣いしないよう、
寒くてもエアコンは我慢します。
(しょぼすぎるな・・・やることが)

パンはなるべく買わずに作るとか・・・(レベルひくっ!)

前回も書きましたが、いずれ負傷者への献血が必要となったら
頑張ってやりたいと思います。


そう、頑張って・・・。

なぜ、頑張るのかというと。


前から何回か書いたことがあると思いますが、
おかあたんは「パニック障害」ちゅー病気をもっております。

説明が難しいんですけどねー、非常に不便な病気です。
見た目全然病気じゃないですからね。

私はそれでも随分軽くなってきました、数年かけて。

具体的に何が出来なかったかというと、
とにかく、人の中にいれないです。

銀行の順番待ち。レジ待ち。
美容室。歯医者。病院での順番待ち。
仕事。
公共の乗り物。トンネル。
映画。外食。
散歩(もともとあんまりしないけど)。
お風呂。エレベーター。

とにかく「すぐその場から逃げられない」という状態に置かれることが
恐怖でたまらないのです。
はたから見れば「なんで?」な感じだと思います。

本人にも分かりません。
突然恐ろしい恐怖感が襲ってきて息は苦しくなる、
目眩はする、動悸はハンパない、
ありとあらゆる具合悪さが襲ってきます。

と言っても、別に本当に身体がおかしくなってるわけではないので、
発作がおさまれば全て終わります。
発作も数分から数十分。

よく、「体内の非常装置が誤作動を起こしている状態」
といいますが、これが一番いいえているかもしれません。
他の人にはなんでもないこと。
でも、この病気の人にはとてつもなく難しく恐ろしいこと。

一度発作を起こした場所には
「また、そうなるかも・・・」という、強い恐怖感で行けなくなります。

そして、どんどん行けないところが増えていきます。

恐らくは献血もそうだと思います。
ある一定の時間、針(なのか?)につながれてじっとしなければなりませんから。


「頑張って、我慢して行ってみれば平気かもよ」
と、なんでもない人はいうでしょうけど、無理なのです。

むちゃくちゃな例えをすれば、
すごい高所恐怖症の人を
スカイツリーのてっぺんから地上すれすれまでバンジージャンプをさせて、
平気でまたスカイツリーのてっぺんに誘うようなものかしら?
(分かりにくいかしらねぇ)

パニック障害の人はとにかく発作を起こしたら
1人になりたいと思います。(例外もあります)
そして人から離れて、逃げて、じっとしたい、そう思うわけです。

ところが、乗り物とか、歯医者、美容室ってのは、固定されるわけですよ。
それが怖くて怖くてたまらないのです。
特に歯医者なんて、口の中をガーリゴーリ削られるという、
ただでさえ恐怖なのに、発作の恐怖もあるわけで。

今回、おかあたんが歯医者に行ったのは、もう、何年も悩んでやっとなのです。
同じ病気を持つ友達に相談して、いい歯医者さんを教えてもらって、
薬をがぶ飲みして行きました。

おかあたんは嵐が大好きです。
コンサートも行きたいです。
でも、コンサートに行くには飛行機に乗らなきゃ行けません。
もちろん、そこから乗り物に乗って、会場に行き、
超密着した会場で数時間過ごすのです。

パニック持ちには発作を起こしまくりんぐな環境です。

それでも、行きたい、そう思うから、
おかあたんは頑張って歯医者にもチャレンジしたのです。
ここで逃げていたら、嵐には会えないと。

でも。
パニックもちは「頑張れば治る」「頑張れば出来る」
わけじゃ、ないのです。

恐らく私はいい状態の時に行けた、そして
症状が軽くなってきている、だけのことでしょう。
待合室では嵐と、ぽぽぷぷの写真を眺めて緊張をほぐしました(笑)

ちなみに書店にあるパニック障害の本、あれは
私にとっては全然、分かってないよーな感じです。


と、すんごい前置きが長くなりましたが、
現在、パニック障害の患者はとても増えています。
被災した人の中にもきっといるだろう、って思います。

病気じゃなくとも相当怖い思いをしているのです。
パニックの人は一体・・・どうなっているのか、とても気がかりです。

ほっといても、とりたてて死ぬわけではありません。
でも、本人にとっては死ぬほど辛い病気です。
恐らく薬がなければ何度も発作を起こすでしょう。
あっても起こすかもしれないけど・・・。

もちろん、パニックの人のために献血は多分いらないでしょう。
どこか怪我してたりすれば別ですが。


だけど、できる事って、こっちではホント少ないですからね・・・
私は、頑張ってみたいと思ったのです。

あ、もちろん、服薬中の人は献血できないそうですから、
しばらく薬は抜きます。
それが私の出来ること、かな。

あいにくと金持ちには程遠いので、
うなるほどの募金も出来ないし。

でも、きっと発作は起きない気がします。
うん・・・多分ですけど(笑)

嵐を好きになって思ったのです。
発作を恐れるよりももっと強い気持ちがある場合には、
時には頑張れる時もあると。
発作を起こしつつかもしれない、それでも!と思えたら
それが前に進む時なのかもしれないと。

だから、私にとって嵐は単なるミーハーじゃないのです。
いつかコンサートに行けたら、
間違いなく彼らは私の恩人になるでしょう。

いいえ、今でも充分に恩人です。


おそらく、色んな思いがあると思うのですよ、震災関連は。
実際に被害にあった人、遭ってないけど、揺れを感じている人、
停電、買占め、などなどね。

立場によって感じる思いはそれぞれ。

私はなんの被害もなかった1人として思ったことです。
誰が正しいとか悪いとかそういうことじゃなくね。


とりあえず、同じ病気の人がちゃんと薬をもらえてますように、
落ち着けてますようにと思うばかり。
これだけは、身に染みて分かるから。

原発の近くの方、
避難勧告が出て、「さあバスに乗って!」といわれても・・・
原発の恐怖も大きいでしょうが、バスに乗ることの恐怖もあるだろうな、
とか、想像してしまいます。

「それどころじゃなかった」と発作が起きずに済めばいいのですが。
(良くはない状況ですけどね)


と、何が語りたかったのかいつもどおり謎になってしまいましたとさ。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


怒涛のような数日

2011年03月15日 11:26

日本は地震が多い国ではありますけど、
こんな大きな地震が来るとは・・・

いや、来るかもしれないとはどこかで思っていたかもしれませんけど、
敢えて考えなかったのかもしれませんな。

一報は私はまさに
「あ、地震みたいです」という、テレビのキャスターの一言でした。

それを聞いたときは、
「ああ、東京は地震覆いからねぇ、いつものか?」
くらいに受け止めてましたが、
あっという間に次々と、そんなものではないということが分かってきました。

それからは誰もが知っている惨状となってしまったわけですが。


正直、次に大地震が来るなら、高知であってもおかしくはないと思っていたのですね。
ず~~~っと、東海、南海大地震については言われてますし。

高知も思いっきり海に面していますからね、
津波が来たらひとたまりもありません。
大きい台風が来ても、街中が浸水するところです。

我が家はマンションの4階で、それだけを取れば安心のようにも思えますけど、
地盤が大変緩いところです。
下手すればマンションごと倒壊ということもありえます。

なのに、まさか東北!?

なかなか・・・テレビから飛び込んでくる風景はにわかには
信じがたいものがありました。

妹は関東におりますし、
お友達も東北、関東にいます。

なかなか安否が確認できなかったお友達は本当に心配で、
無事が分かった時にはもう、本当に安堵しました。

なんだか、安っぽく、
御冥福を、とかそういう・・・簡単な言葉で済ませられない気分ですね。


実際に被災した東北、そして食料がなくなっている関東、
ガソリンもない、など聞くと、
西日本は・・・いつもどおりなんだな・・・と思います。

外出していると、本当に地震のことが信じられない気がします。

高知は、といえば・・・
節電して電力を送れる訳でもなく、
募金くらいなのでしょうかね、出来ることって。
と言っても大金は無理だし・・・。

なんで、ヘルツが違うからって電力送れないの?って
ほんとに思いますね。なんかすればいいじゃんって。
まあ、素人考えなんでしょうけど。

あとは、恐らくそのうち、献血とかで協力できるときがくるんですかねえ。
・・・献血未経験ですけどー。
献血って、薬飲んでる人は出来ないとか言いますから、
献血しようと思ったらしばらく頭痛が来ても我慢しなきゃですな。


そして、原発。
これもまた、四国にもありますからね、原発。
南海地震が来たら恐らくは同じような状況になるのでは、と思っています。

官房長官やらなんやらがしょっちゅう会見をしておりますが、
ちっとも信用できません。
首相にいたっては、何のための会見なの?っていう
内容のうすっぺらい会見。

ま、私はこういうところで政治についてあれやこれや言うつもりはないんですけど、
単純に「もっとちゃんと本当のことを話せよ!」って思います、はい。
まあでも、官房長官が毎日どんどん目が据わっていってるのを見ると
大変なんだろうとは思いますけどね。

でも、なんの罪もない、住んでる人のほうがもっと怖いんだよー。
住んでる人を心配してる人もいるんだからー!!

もうもう、このまま原発が大人しくなってくれることを待つのみです。


地震が起きて、5日目。
いつも見るあちこち(鳥以外の)ブログでも、地震のことを
書いてます。
そりゃそうです。

その中で、地震のこと以外を書いているブログに
人でなしとか、中傷をしているところをたまたま見かけました。

確かに、他のがみ~んな地震のことを書いているなかでは
目立ってはおりましたが、
そんなにいわれることなの?って・・・思ったんですね、私。

当たり前の日常を書いてた普通の記事だったんですけどね。

私のブログなんかも、普段相当フザケたブログなので、
うかつにアップしたら袋叩き?なんて思ったりしました。


そして、最後にですが、
まあ、我が家は全員無事です。

大津波警報が長かったこともあって、心配してくださる方もいらっしゃったんですが、
高知はけが人が1人だったか、くらいです。

今回の地震を受けて、改めて防災、防震を考えましたねぇ。
特に、自分がってより、ぽぽぷぷのことを。
ぽぽぷぷ用の防災グッズをきちんとしなくては、と思いました。

人間用の防災袋は多分、ほぼオッケーな状態ですが、
ぽぽぷぷのほうは・・・エサくらいしか考えてなかったんですよね。
もっと、きっちり考えようと思います。

ひぃぃぃぃ

2009年09月22日 19:03

前記事のお返事もまだなのですが、
おもろいもんを見つけてやってみて、
震え上がりましたわ。

誰かが私のこと見てるんじゃ??

当たりすぎて怖い!!

「一年目の手紙」

ちょびうささんの恋人からお手紙が届きました。

(赤太文字はあたっているところ、青太文字は感想)
--------------------------------------------------------------------------------

今日で付き合ってからちょうど1年。って、ちょびうさのことだから言われなくても分かっているとは思うけど。
節目なので総括の意味も込めて、珍しく手紙を書きます(笑)。

さて、何から書こうかな。
あー、これ結構言いにくいんだけどさ、ちょびうさっておれ以外の男と会うときだけメイクするよね…(苦笑)。
ってわざわざ記念日に書くようなことじゃないか。この話はナシ(笑)。

ついこないだ喧嘩したよね。喧嘩したのはいつものことなんだけど、そういえばちょびうさって絶対に謝らないよな…。謝るとしても「私が悪かったと思う」とか非を認めるだけで「ごめん…」みたいな心から反省した様子は一切ない
意地とかプライドとかも分かるけど、毎回「おれが謝らなかったら関係がどうなるんだろう」って思うんだよね。ちょびうさはそのあたりどう思っているのか聞きたいよ。

だいたいさぁ、ちょびうさの性格ってあまり恋愛体質ではないよね隙を見せないし、自分ひとりで完結してると思う。「一人で生きていけそう」とか、おれ以外からもよく言われない?
おれ、ちょびうさから悩み相談をされたこともないし、喧嘩したときに悔しそうに泣いたのは見たことあるけど、弱っているところは見たことがない。ちょびうさは本当に意地っ張りなんだなと思うよ。
そんなに意地張って疲れない?ちょびうさだけでなく周りの人も肩がこると思うけど。

あー、おれってほんと悪い方向にばっかり話を進めるなぁ。
記念日だしもっと前向きなことを書くようにするよ。話を変えよう。

さんざん文句を書いた後にこう言うのもなんだけど、おれはそれでも、一年間幸せだったと思うし感謝しているんだよ。
おれはもともとよく笑う人が好きだし(まぁちょびうさはときどき爆笑しすぎててヒくけど)、蛍光灯に虫が群がるように、おれはちょびうさに惹かれたんだと思う。疲れるけどこの一年間は楽しかったかな。

ちょびうさが言っていた「殴られても浮気されても絶対に別れたくない」っていうセリフをおれは今もよく覚えているから(忘れられないけど…笑)、これからもできるかぎり傷つけないようにして一緒に歩んでいこうと思うよ。少し悲壮感を緩めてほしい気もするけどね(笑)。

これからもすれ違いとかあると思うけど、この一年間のように、理解を深めて乗り越えていこう。あ、あと生卵を5つ飲み込めるのはまじですごいと思う…。ジョッキで…。

では、これからも末永くよろしく。ちょびうさがいてくれてよかったよ。ありがとう。

P.S.手相占いに行ったら「手が臭い」って言われて終わったらしいね。


・・・もちろん、これは架空の人物から架空の手紙という設定ですので、
実際にこういう人がいるわけじゃないですが、
いやー、私を見て書いたのかと思うくらい。
生卵5つは飲めないんだけどさー。

んで、これには解説がついてまして、これがまた・・・
どんぴしゃなわけですよ。


ちょびうささんについての分析結果は以下の通り。
--------------------------------------------------------------------------------

【こんな問題ありませんか?】
◆寂しいが素直になれない。 ←まったくその通り!つうか最近は寂しささえも自覚できない?
◆相手が重くのしかかってきて、疲れることがある。 ←そうそう・・・重い男が多い・・・
◆甘えたいのに、恋愛は少し面倒なことが多いと感じる。 ←本当に恋愛ってめんどくさい。

【分析と課題】
例えば女として見られない寂しさが「大人の寂しさ」だとすれば、甘える場所がない寂しさは「子供の寂しさ」です。寂しさには他にもいろいろとありますが、それぞれの寂しさに「その寂しさを埋めやすい人」というのがいます。甘える場所がないという寂しさは、友人が埋めてくれることはあまりないはずです。
(そもそも友人といえる人自体いないような。そして友達にはあまり甘えないなあ~)
大人になった今、もはや親に甘える年齢ではなくなりました。しかし「甘えたい」という欲求を隠し持つちょびうささんは、まだ子供の自分を、充分に満たしきれてはいないようです。今となってはぬくぬくと甘えられる場所は、「彼氏」ぐらいしかないのかもしれません。父性愛のようなものを求めているとしたら、ちょびうささんは少し年の離れた年上男性のことを好んでいるのではないでしょうか。
(そうですね~、子供の頃から無邪気に甘えるタイプじゃなかったし。父親の愛情には一層飢えていることでしょうなあ。もしかしたら父性愛的なものを求めているかもしれないけど、自覚はないわ)
しかし男性陣も、甘えさせるためにいるわけではなく、成熟しているとも限りません。よって、ちょびうささんが甘える場所として期待していた男性も、ちょびうささんに対しいっぱいいっぱいになったりして、なかなか恋愛をすると落ち着けないのではないでしょうか。
(確かに私とお付き合いする人は振り回されまくるようです。それにアタフタする相手を見てますます甘えるとかいう気分では・・・・)

これはあくまで可能性の話ですが、例えば彼女付きであったり既婚者の男性はちょびうささんのほうにいちいち本気をぶつけてきたりしませんから、唯一の居場所のように感じられる可能性もあります。こういった男性に惹かれることはないでしょうか?危険な恋愛にハマる確率は一般平均以上にはあると思われます。
(そのとーーーーーり!私はキケンな恋愛相手のほうがもっとも気楽に甘えられる気がします。
ま、年齢から言ってもぼちぼちお相手を探すとなっても既婚者率は高いでしょうけど)

【恋愛キーワード】
「素直さ不足」「ひねくれ」「思いやり不足」「年下好き」「諦め」「壁あり」「裏の顔」「ネガティブ」「お笑い担当」
【最後に】
ちょびうささんは、そろそろ、恋愛に諦めを感じたり、疲弊しはじめているころかと思います。もしかすると同じような失敗を繰り返したり、行き当たりばったりで恋愛をしていて、「よく分からないがとにかくうまくいかない」という状態になっているかもしれません。

ちょびうささんは、もしかすると自分の心を無理な力で加工してきたかもしれません。例えば失恋後に「忘れよう」などと自分に言い聞かせれば、忘れられないだけでなく、感情がごちゃごちゃして回復が遅れます。こういう「つまずき」を繰り返すと、あっというまに時間は過ぎていきます。

「英会話」を学ぶときに、文法や単語知識などを同時に学習したほうがはるかにスキルアップが早いように、我々は恋愛を一度「知識」から入ってみてほしいと考えています。頭で考えて恋愛しろとは言いません。心で恋愛するのは当然ですが、知識があれば、心の余裕が生まれるなど確実に恋愛にも影響があるはずですし、成長を促進させるはずです。

今後の恋愛を充実させるために、是非、我々と一緒に恋愛学習をしてもらえればと思います。

(恐ろしく当たっている・・・自分の心を加工なんてうまいこと言うじゃん。つまずきを繰り返しすぎてなにがなんだかもうわからないおちょびですけど)

やってみてくだせ~、みなさま(笑)
結果が知りとうございます♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。