スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

で~きたっ!

2011年03月30日 19:25

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ



NEC_0514.jpg

今日もきゃわゆいぷっちゃん。
そういえばー、反抗期かしらーなんてこないだ言ってたけど、
どうなったのかしら?換羽なだけだったのかな?
ぽぽさんがガブガブひどいのは2歳時代だったからそのくらいかしら。

ぷっちゃんは怒ると「うるるるるぅ~」って言って噛んできますからね。
まあ、ぷっちゃんが唸ったってちっとも怖くないんですけど(笑)

NEC_0515.jpg

なんていうか、ええ、もう犯罪的に可愛いんですけど。
世の中の「可愛い」には、ほんといろんな種類があるのねぇ。
ぽぽさんの可愛いとは全然違うんだもの。

ちなみにこの止まっているように見えるのは
ほんの一瞬の出来事です。
ひたすらケータイを向けて・・・じーっと、待つ。待つ。待つ。
「止まった、今だ!」と撮る!
そんなある意味貴重なさしんです(笑)
この方を撮るのにピントもへったくれもないような気が。

NEC_0505.jpg

その点、ぽぽさんはねえ、ほんとに自分の美しさを
存分に分かってます。
「ぽぽー、ほっぺぱかー、可愛いよねえ~」っていうと、
もふもふもふ・・・ぱかっ、ってやってくれますしね。

そして後ろのケージには相も変わらず動き回って
シルエットのみの方が。

NEC_0499.jpg

さてさて、震災後、鳥さんの防災も考えねば、ということで
まずはぽぽぷぷのキャリーを入れるバッグを作るべし!
と、唸っておりました。
(うるるるぅ~ではないけど)

そして、購入できるものは買って準備もしました。

とりあえず思いつくところでご飯、水、ですね。
うちはペレットなので、緊急時はとりあえずこれがあればいいかと。

あとは、おやつ的なものもあればいいかなと。
ペレットの量がこれでいいのか不安なところではあるんですけど、
見当もつかないしなあー。

そして、水が出なくなったときのためにウエットティッシュ。
いざとなったら敷き紙ナシでお掃除はうんぴをこれで拭くというのでいいかなとか。
家で自宅避難ならまあ、紙しいてもいいですが、持って逃げるのは負担になりそうだし。
軽い毛布と。
カイロも本来あったほうがとは思うんですが、
今は被災したところに送ったりすることもあるんだろうし、
まあ、先にしようと思ってます。
人間用のリュックにも少し入れてますしね。

NEC_0498.jpg

で、出来たバッグ・・・(笑)
最初は色々考えたけど、結果超シンプル。
窓のようなものをつけようかと思ったんですが、
強度が弱くなるかな、と気がつき・・・

っていうか、どういう状況でこれを使うのか、
分からないので、万が一抱えて逃げるとなったら
強度大切だし・・・窓の部分から破れても困るし・・・
と思って窓中止。

いざ逃げるとなったら、
人間用のリュックを背負い、
ぽぽぷぷを肩から下げ、となるかなと思います。


ほんとに「入れるだけ」バッグになりました。
上はカッチンとはまるプラスチックの止め具?をつけました。
ナナメ掛けも出来るし、手で持つことも出来る2WAYとなっております(笑)

うちは女子なので、バッグの中もきちっと処理しないと
糸とかをガジガジしそうなので、
しっかりバイアスで包んだり・・・というのが地味にめんどかったっす。

持ち手とかつけるのが分厚いのでけっこー大変でしたねぇ。
途中ミシンの機嫌が悪くなり、うををー!!とイライラしたり。
マックスに太いのを縫う用のミシン針を使いました~。

ま、逃げれればいいよね的な感じでざっくりと出来ましたが
とりあえず安心ですわー。

そのうち、人間用のリュックもご紹介します~。


つーか・・・おじたん・・・おじたんはどうすっぺ。
とりあえず、ご飯は防災リュックに入れてますけどねー、
ご本人はどうすべきなのか。重すぎて・・・(笑)
この方も背負えるキャリーみたいなのが必要かもしれませんわ。
スポンサーサイト

可愛さアピール

2011年03月23日 19:21

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


NEC_0457.jpg

ぽぽさん、相も変わらず、
おかあたんの手々の上でまったりんこ。

後ろではあらすぃーのにのが笑ってますよー。

(えっ、計算だろって?ええまあ、にののシーンにシャッターきってますけどー)

NEC_0458.jpg

そしてあんよのお手入れ。

ぷっちゃんはあんよのお手入れが本当にへたくそで、
止まり木でやってるときには次第にそっくり返ってきて、
ケージに背中押し付けるみたいな感じでやってます。

床でやってるときにはもれなく仰向けになってキャーキャー叫んでます。
バランス感覚悪いのかしら・・・鳥なのにぃ。

(そしてまたにの)

NEC_0461.jpg

どんなにわがままでもおっちょこちょいでも、
末っ子ってのはー可愛いもんですね。
ぽぽさんとはまた違う可愛さなんですよねぇ。

世の中の末っ子が羨ましぃ~~~!!
っていうと、末っ子の人には「上のほうがよかった」とか言われちゃうかしら(笑)

ま、まあ確かにぷっちゃんもケージはおねえたんのお下がりだしね~。

NEC_0464.jpg

ぷっちゃんはかわいいのよー。

と、めいっぱい訴えてきますなあー。ウフフフ。

そういえば、結局ぷっちゃん、デコはオデンジが定着した感じです。
憧れのオデンジデコ~。
可愛いのぉ~~~。

そして、いつもいつも、首の後ろはお手入れが甘く、
手を突っ込むとツンツクにヒットする率が高し。
おかあたんがホグホグサービスをしております~。

(このおさしんでは首の後ろが濡れてますな)

キャーキャー叫ぶんですが、顔はうっとり。
いつも「この叫びは快感なの?痛いの?」と謎なのですが、
顔を見る限りは快感なのか?

そしておかあたんの手はフケまみれ(大げさ)になるのでした。

NEC_0475.jpg

最後に珍しい2ショット。
ギリギリの距離感ですなあ(笑)

っていうか、ぷっちゃんはいつもじっとしないのでブレてます。
ぽぽさんはさすが。

モデル立ちですなっ!しゅてきっ。


さてさて、おかあたんはここんとこ、キルティングを買ってきては
ぽぽぷぷの、キャリー用バッグを作っております。
そもそも、キャリー自体も1つしかなかったんですよねー。
あまりぽぽぷぷが2人してキャリーに入らなきゃいけない状態ってなかったのですが、
今回の震災を機に、いかん、ケージごとは逃げられないぞ、と思い、
ぷっちゃんのキャリーを購入しました。←今頃すぎる。

そして、その2つのキャリーを入れて移動できるように、
キルティングでバッグを。
防寒にもなるように、とか、色々考えすぎて・・・迷走(笑)

もういいや、放置になるより、とりあえず2つ入れば!と
ただいましつけ状態。
ミシン出すのがめんどーい。

そして、避難時のための、予備のご飯、水、小さめの毛布、
ウエットティッシュ、をひとまず用意しました。
カイロなどもいるかもしれませんが、
今は他に必要な方もいるかもしれないので、次の秋までに、くらいな感じで。

人間用の防災袋も見直しです。
っていうかですねえ・・・私の防災袋、埃かぶってますよぉー。
ダメっすなー。

とりあえず・・・鳥防災グッズをそろえつつ思ったのは、
緊急時には2人を各々のキャリーへぶっこむことになるでしょうが、
ぷっちゃんはともかくですねえ・・・
ぽぽさんを素手で掴む!この段階で怪我確定だわあ・・・
ま、いざとなったらそれどころじゃないんでしょうけど、
今はのんきにそんなことを考えたりします。


さてさてさて。

前回の記事・・・・
初めてコメントをくださった方も含め、
とってもたくさんの方の意見を聞かせていただきました。

あくまでも、私が思ったこと、なので、
正解不正解の問題じゃないし・・・
誰かに押し付けるつもりもなく。
私はこうありたいなーということを書きつつも
なんだかブレながらの記事でした。

正直、重すぎて、あるいは時期が時期だけに、
誰も、見たとはしてもコメントはしずらいだろうなと思ってました。

もしくは、もっと批判されるかなーと。
それもまあ、覚悟してました。
でも、私の感覚としての意見なので・・・多分、
人それぞれですよね、としか言えなかったと思いますけど。

私はこうしてたまーに、おちゃらけブログの中に突如重いネタを
ぶっこみます。
深い意味はありませんけど、
アホな私もヘンタイな私も急に真面目な私も、
全部私です。

また、私自身のことも気遣っていただいたり、
とても嬉しく思いました。


賛同してもらえたことが嬉しかったのではなく、
こんなコメントしずらい記事に反応してもらえたことが、
驚きと共に、感激しました。

本当にありがとうございました。


これからも、ちょびうさとぽぽ、ぷぷをよろしくですっ!

どうしているのでしょうか

2011年03月19日 17:33

震災から1週間。

という、ブログ記事があちこちに溢れております。
タイトルを見ただけで
地震のことだな~というくらいに。

私はブログ以外にmixiもやってますが、
普段どおりのことを書くことさえ許されないような雰囲気になっております。

なんていうんでしょうか、笑ってはいけない、みたいな。
(年末のダウンタウンの番組ではなく)

私たち、被災しなかった人間は、
被災した人たちの辛さを考えて笑ったり楽しんだりしてはいけないのかしら、
と、思わされます。

正直分からないですよ、どうなのか。
だって、被災経験ないですから・・・
想像しか出来ません。

ブログでひたすら、心を痛めております、祈っております、
と書き続けなければならないのか。

それが被災者の方々へのなにかになるのか。

心の中で思っていても、ブログでほかの事を書いては
非常識、不謹慎なのか。

分かりませんね、私には。
でも、かといって開き直るほどの人間でもないわけですが。



きっと、そのうち亡くなった方、行方不明の方、
ある程度ハッキリし、方向性が見えてきたら、
メディアへの露出は減っていくでしょう。
そして、その頃からみんな少しづつ思い出す頻度は減っていくのでしょう。

でも、本当の戦いはそこからなハズです。
だけど、一番大変な時に、みんな少しづつ忘れていく・・・。

もちろん、そうじゃない人だってたくさんいるでしょう。


ただ、毎日毎日ネットで同じようなものを見ているうちに、
一体どのくらいの人がずっとずっと同じ心を持ち続けていくんだろう、
ってそう思います。

もちろん、自分も含めね。


でも、できることはします。
と言っても今はまだ・・・ないみたいですが。
募金、しか。
あとは、ガソリンを少しでも無駄遣いしないよう、
寒くてもエアコンは我慢します。
(しょぼすぎるな・・・やることが)

パンはなるべく買わずに作るとか・・・(レベルひくっ!)

前回も書きましたが、いずれ負傷者への献血が必要となったら
頑張ってやりたいと思います。


そう、頑張って・・・。

なぜ、頑張るのかというと。


前から何回か書いたことがあると思いますが、
おかあたんは「パニック障害」ちゅー病気をもっております。

説明が難しいんですけどねー、非常に不便な病気です。
見た目全然病気じゃないですからね。

私はそれでも随分軽くなってきました、数年かけて。

具体的に何が出来なかったかというと、
とにかく、人の中にいれないです。

銀行の順番待ち。レジ待ち。
美容室。歯医者。病院での順番待ち。
仕事。
公共の乗り物。トンネル。
映画。外食。
散歩(もともとあんまりしないけど)。
お風呂。エレベーター。

とにかく「すぐその場から逃げられない」という状態に置かれることが
恐怖でたまらないのです。
はたから見れば「なんで?」な感じだと思います。

本人にも分かりません。
突然恐ろしい恐怖感が襲ってきて息は苦しくなる、
目眩はする、動悸はハンパない、
ありとあらゆる具合悪さが襲ってきます。

と言っても、別に本当に身体がおかしくなってるわけではないので、
発作がおさまれば全て終わります。
発作も数分から数十分。

よく、「体内の非常装置が誤作動を起こしている状態」
といいますが、これが一番いいえているかもしれません。
他の人にはなんでもないこと。
でも、この病気の人にはとてつもなく難しく恐ろしいこと。

一度発作を起こした場所には
「また、そうなるかも・・・」という、強い恐怖感で行けなくなります。

そして、どんどん行けないところが増えていきます。

恐らくは献血もそうだと思います。
ある一定の時間、針(なのか?)につながれてじっとしなければなりませんから。


「頑張って、我慢して行ってみれば平気かもよ」
と、なんでもない人はいうでしょうけど、無理なのです。

むちゃくちゃな例えをすれば、
すごい高所恐怖症の人を
スカイツリーのてっぺんから地上すれすれまでバンジージャンプをさせて、
平気でまたスカイツリーのてっぺんに誘うようなものかしら?
(分かりにくいかしらねぇ)

パニック障害の人はとにかく発作を起こしたら
1人になりたいと思います。(例外もあります)
そして人から離れて、逃げて、じっとしたい、そう思うわけです。

ところが、乗り物とか、歯医者、美容室ってのは、固定されるわけですよ。
それが怖くて怖くてたまらないのです。
特に歯医者なんて、口の中をガーリゴーリ削られるという、
ただでさえ恐怖なのに、発作の恐怖もあるわけで。

今回、おかあたんが歯医者に行ったのは、もう、何年も悩んでやっとなのです。
同じ病気を持つ友達に相談して、いい歯医者さんを教えてもらって、
薬をがぶ飲みして行きました。

おかあたんは嵐が大好きです。
コンサートも行きたいです。
でも、コンサートに行くには飛行機に乗らなきゃ行けません。
もちろん、そこから乗り物に乗って、会場に行き、
超密着した会場で数時間過ごすのです。

パニック持ちには発作を起こしまくりんぐな環境です。

それでも、行きたい、そう思うから、
おかあたんは頑張って歯医者にもチャレンジしたのです。
ここで逃げていたら、嵐には会えないと。

でも。
パニックもちは「頑張れば治る」「頑張れば出来る」
わけじゃ、ないのです。

恐らく私はいい状態の時に行けた、そして
症状が軽くなってきている、だけのことでしょう。
待合室では嵐と、ぽぽぷぷの写真を眺めて緊張をほぐしました(笑)

ちなみに書店にあるパニック障害の本、あれは
私にとっては全然、分かってないよーな感じです。


と、すんごい前置きが長くなりましたが、
現在、パニック障害の患者はとても増えています。
被災した人の中にもきっといるだろう、って思います。

病気じゃなくとも相当怖い思いをしているのです。
パニックの人は一体・・・どうなっているのか、とても気がかりです。

ほっといても、とりたてて死ぬわけではありません。
でも、本人にとっては死ぬほど辛い病気です。
恐らく薬がなければ何度も発作を起こすでしょう。
あっても起こすかもしれないけど・・・。

もちろん、パニックの人のために献血は多分いらないでしょう。
どこか怪我してたりすれば別ですが。


だけど、できる事って、こっちではホント少ないですからね・・・
私は、頑張ってみたいと思ったのです。

あ、もちろん、服薬中の人は献血できないそうですから、
しばらく薬は抜きます。
それが私の出来ること、かな。

あいにくと金持ちには程遠いので、
うなるほどの募金も出来ないし。

でも、きっと発作は起きない気がします。
うん・・・多分ですけど(笑)

嵐を好きになって思ったのです。
発作を恐れるよりももっと強い気持ちがある場合には、
時には頑張れる時もあると。
発作を起こしつつかもしれない、それでも!と思えたら
それが前に進む時なのかもしれないと。

だから、私にとって嵐は単なるミーハーじゃないのです。
いつかコンサートに行けたら、
間違いなく彼らは私の恩人になるでしょう。

いいえ、今でも充分に恩人です。


おそらく、色んな思いがあると思うのですよ、震災関連は。
実際に被害にあった人、遭ってないけど、揺れを感じている人、
停電、買占め、などなどね。

立場によって感じる思いはそれぞれ。

私はなんの被害もなかった1人として思ったことです。
誰が正しいとか悪いとかそういうことじゃなくね。


とりあえず、同じ病気の人がちゃんと薬をもらえてますように、
落ち着けてますようにと思うばかり。
これだけは、身に染みて分かるから。

原発の近くの方、
避難勧告が出て、「さあバスに乗って!」といわれても・・・
原発の恐怖も大きいでしょうが、バスに乗ることの恐怖もあるだろうな、
とか、想像してしまいます。

「それどころじゃなかった」と発作が起きずに済めばいいのですが。
(良くはない状況ですけどね)


と、何が語りたかったのかいつもどおり謎になってしまいましたとさ。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


怒涛のような数日

2011年03月15日 11:26

日本は地震が多い国ではありますけど、
こんな大きな地震が来るとは・・・

いや、来るかもしれないとはどこかで思っていたかもしれませんけど、
敢えて考えなかったのかもしれませんな。

一報は私はまさに
「あ、地震みたいです」という、テレビのキャスターの一言でした。

それを聞いたときは、
「ああ、東京は地震覆いからねぇ、いつものか?」
くらいに受け止めてましたが、
あっという間に次々と、そんなものではないということが分かってきました。

それからは誰もが知っている惨状となってしまったわけですが。


正直、次に大地震が来るなら、高知であってもおかしくはないと思っていたのですね。
ず~~~っと、東海、南海大地震については言われてますし。

高知も思いっきり海に面していますからね、
津波が来たらひとたまりもありません。
大きい台風が来ても、街中が浸水するところです。

我が家はマンションの4階で、それだけを取れば安心のようにも思えますけど、
地盤が大変緩いところです。
下手すればマンションごと倒壊ということもありえます。

なのに、まさか東北!?

なかなか・・・テレビから飛び込んでくる風景はにわかには
信じがたいものがありました。

妹は関東におりますし、
お友達も東北、関東にいます。

なかなか安否が確認できなかったお友達は本当に心配で、
無事が分かった時にはもう、本当に安堵しました。

なんだか、安っぽく、
御冥福を、とかそういう・・・簡単な言葉で済ませられない気分ですね。


実際に被災した東北、そして食料がなくなっている関東、
ガソリンもない、など聞くと、
西日本は・・・いつもどおりなんだな・・・と思います。

外出していると、本当に地震のことが信じられない気がします。

高知は、といえば・・・
節電して電力を送れる訳でもなく、
募金くらいなのでしょうかね、出来ることって。
と言っても大金は無理だし・・・。

なんで、ヘルツが違うからって電力送れないの?って
ほんとに思いますね。なんかすればいいじゃんって。
まあ、素人考えなんでしょうけど。

あとは、恐らくそのうち、献血とかで協力できるときがくるんですかねえ。
・・・献血未経験ですけどー。
献血って、薬飲んでる人は出来ないとか言いますから、
献血しようと思ったらしばらく頭痛が来ても我慢しなきゃですな。


そして、原発。
これもまた、四国にもありますからね、原発。
南海地震が来たら恐らくは同じような状況になるのでは、と思っています。

官房長官やらなんやらがしょっちゅう会見をしておりますが、
ちっとも信用できません。
首相にいたっては、何のための会見なの?っていう
内容のうすっぺらい会見。

ま、私はこういうところで政治についてあれやこれや言うつもりはないんですけど、
単純に「もっとちゃんと本当のことを話せよ!」って思います、はい。
まあでも、官房長官が毎日どんどん目が据わっていってるのを見ると
大変なんだろうとは思いますけどね。

でも、なんの罪もない、住んでる人のほうがもっと怖いんだよー。
住んでる人を心配してる人もいるんだからー!!

もうもう、このまま原発が大人しくなってくれることを待つのみです。


地震が起きて、5日目。
いつも見るあちこち(鳥以外の)ブログでも、地震のことを
書いてます。
そりゃそうです。

その中で、地震のこと以外を書いているブログに
人でなしとか、中傷をしているところをたまたま見かけました。

確かに、他のがみ~んな地震のことを書いているなかでは
目立ってはおりましたが、
そんなにいわれることなの?って・・・思ったんですね、私。

当たり前の日常を書いてた普通の記事だったんですけどね。

私のブログなんかも、普段相当フザケたブログなので、
うかつにアップしたら袋叩き?なんて思ったりしました。


そして、最後にですが、
まあ、我が家は全員無事です。

大津波警報が長かったこともあって、心配してくださる方もいらっしゃったんですが、
高知はけが人が1人だったか、くらいです。

今回の地震を受けて、改めて防災、防震を考えましたねぇ。
特に、自分がってより、ぽぽぷぷのことを。
ぽぽぷぷ用の防災グッズをきちんとしなくては、と思いました。

人間用の防災袋は多分、ほぼオッケーな状態ですが、
ぽぽぷぷのほうは・・・エサくらいしか考えてなかったんですよね。
もっと、きっちり考えようと思います。

ぼふっぼふ。

2011年03月10日 18:43

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


NEC_0444.jpg

なんだか、ほんっと最近毎日が早いんですけどー。
あっという間に3月も3分の1が終わろうとしておりますなあ。

ぷっちゃんは換羽ちうでお顔がボロボロでございます。
ぽぽさん・・・あれ、ぽぽさんは換羽ないねー。
一時、おぱんちゅ危うしだったのですが、
結局ビキニをお召しになることに決めたようです。いいこですわー。

そして、ぽぽさんのキメポーズ、首かしげ~です。
カメラを向けるとたいがいはこうしてポーズを決めてくれます。

NEC_0439.jpg

さらにアップで~。
アップにも耐えうる美しいお顔。羨ましい限りです。

最近はあったかくなったかと思えば突如寒くなり・・・
なのになのに花粉が鬼のように飛んでいます。
すでにワタクシも被害に遭っており、
目がロクに開きやしません。
ただでさえ、でかくはない目がさらにちっこくなっております。
鼻には壊れた蛇口がとりついており、鼻水ダーダーですな。

マッチョな人が花粉を退治するCMの薬を飲んでみましたが
花粉の薬はやっぱねー、喉がガラッガラに渇くので辛いっす。
しかも体内の水分がおかしいのか、超むくんでます。

あー、ねむいー。
きっと色んなことにヤル気が起きないのは花粉のせいだ。

NEC_0426.jpg

花粉にはやられてなさそうですが、ぽぽさんもねむねむー。
こういう顔を見るとさらに私もねむねむー。
でも、うっかりウトウトっとすると、
ぽぽさんは見逃さず私の指をガブガブして起こしてくれます(笑)


NEC_0391.jpg

ちょっと前のぷっちゃん。
もうすぐ1歳だー。
ちっともおこちゃまから卒業できそうにないぷっちゃんです。

どこかの同級生と同じで、猛禽系ではないですなあ。
たまにガブーってきますけどね。


さて、ナニゴトにもヤル気が起きないおかあたんですが、
数年ぶりに歯医者さんへ通っております。

歯医者さんって・・・ほんと当たり外れの大きい賭けだなーって
常々思うのですよ。
内科とかはまあ、「やな感じの医者だな・・・」とは思っても、
長く通うことはあまりなかったりするし、いいんですけど、
歯医者さんってたいがいは数回は通うことになるし、
恐ろしいし、その中で更に衛生士さんとか医師が怖かったらもう、
ありえないぜーってなるし・・・。

今回はおともらちの紹介で、初めてのところへ行ってみたのですが、
とっても細やかに気を使ってくれるところで
ほんっと安心できましたよー。

しかし、何年ぶり?ってくらいに行ったのに
虫歯はなかった・・・。頑丈なのか、私の歯。
ただ、奥歯がちょっと欠けていた。
昔も犬歯が削れていると言われたけど・・・
私って相当歯軋りしてんのかね。
それとも知らないうちに石とか食ってんのかしら?

数回の通院が終わったら、自分になんかご褒美しよーっと。

(どんだけ歯医者嫌いなんだー)

ああ・・・
やる気のなさがめいっぱいの薄っぺらいブログになってもたー。



**高知は地震、津波の被害は今のところ(12日朝現在)ないようです。
  ちょび家も無事です!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。