スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろあった2012年

2012年12月30日 18:40

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ





いよいよ、2012年も終わりですねえ・・・

まさか、自分がこんな年の終わりを迎えているとは思いませんでしたよ。

家族が1減っているなんてねえ~。
でも、ぽぽさんもぷっちゃんも、間違いなく私よりは早く旅立つことは分かっていたこと。
とは思うけど、も・・・。

こうしてもう、ブログにぷっちゃんのおさしんしか載せられないのが
寂しくてなりませんな。

ま、まあ・・・
当の本人はこのようにあんよおっぴろげ~・・・で
気にも留めておりませんが。



おねえたんがいなくなって、ぷっちゃんのわがままは拍車をかけ、
まったくもって困っておりますよー。
(本気で困ってるのか??)

たまーに、ぷっちゃんに弟か妹が出来たらどうなる?
とか思わなくもないですが、たぶん変わらないんだろうな(笑)
むしろおかあたんの愛情を張り合うのでは??
というような(笑)

今すぐにどうこうとは考えてはないですけどね。
今はひなっぴを育てられる環境にもないし。



一応、毎年の恒例として、
おちょびさんの今年の重大ニュースをあげておきましょうかねえ。

(本当に誰も興味ないとは思うけどね・・・忘備録よ、忘備録)


順番は出来事の重大さには比例しておりません。

1.嵐のコンサートに初めて行った!そしてばあばがすっかり嵐にハマっている(笑)
2.それに伴い、飛行機やらなんやら、乗り物にも乗れた!
3.そしてだからというわけじゃないけど、生まれ故郷の福岡に何十年ぶり?に帰った(?)
4.仕事で担当をもたされ、まあまあ重責を担う。
5.人生で初めてバリウムを飲み、なんだかアレルギーなのか激しく体調を崩す。
6.人生で初めて癌検診を受け、乳がん疑いで激しく動揺。今のところセーフ
7.スマホをついにiphoneへ
8.ぽぽさん、虹の橋へ旅立つ


・・・まあまあ、人生で初めて的なことが多いですね。
というか、11月まではほぼ平和だったんだけど・・・
12月にいろいろ起こりすぎましたわ。

30代最後の1年、まあ悲喜こもごも、いろいろあったけど、
自分でどうにかできること、できないこと。

本当に・・・
でも、周りの人に支えられてると思うことが多かったです。


今年も1年、皆様、ありがとうございました。

また来年も・・・よろしくお願いします。
スポンサーサイト

ありがとう!

2012年12月22日 23:47

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


みなさま、おひさしゅう。

ぽぽさんが旅立った記事にはたくさんの方からコメントをいただきました。
自分でアップしときながらなんですが、
あの記事を見るのは辛くて・・・
コメントにお返事をつけることもできないまま・・・

でも、皆さんの言葉はちゃんと届いています。
目汁がまだ止まりませんけど、ずっと泣いてるわけじゃありませんから。

手のかかるヤツもいますしね(笑)

以前、ぽぽをあまりにも溺愛する私に、
周囲の人は、もう1人お迎えしたほうが、ぽぽさんがいなくなったら
ちょびさんは後を追うのでは?なんて言われたこともありました。

もちろん、だからぷっちゃんをお迎えしたわけじゃありませんけどね。
ぷっちゃんがいるから頑張らねば、と思う気持ちはもちろんありますが、
ぷっちゃんとぽぽは違う子ですし、
ぽぽと過ごした濃密な時間は、ぷっちゃんと過ごしている時間とは違うものです。

だけど、なんだかんだで世話の焼けるぷっちゃんに救われていることは間違いないです。

本当に・・・ぽぽは皆様に愛されていたんだと思うとやっぱり目汁は止まりません。
画面が良く見えませんが・・・老眼のせいでしょうきっと、そうに違いない!

・・・それはそれでイヤだ(笑)

また月1交信をしていきます。
悲しんでばかりでもいられません、だから今月のおちょびさんの
波乱万丈をご報告でもしておきましょうか~。




ええ、まずは点滴ですよ。
おちょびさん、人生で2度目の。

ワタクシ、11月末に会社の健康診断を受けましてですねえ。
人生で初めてのバリウム、乳がん検診とか受けたんですよ。

バリウムは飲むのも大変で・・・死ぬかと思いましたが、
飲んだあとにあんなに筋力使わすってどゆこと?
とにかく大変でした。

が、大変だったのは実はそのあと。
ゲリピーがとまらないんですよ。おちょびさんはお腹はどっちかというと緩いほうなので
下剤は飲まなかったのに!
もうね、ゲリピーとかっていうか、水ですよ水。尻から水。
何飲んでもすぐ水。
こりゃーあたしゃ死ぬのか?とチラッと思うくらい。

最初に行った病院では「バリウムアレルギー」と言われ、
適当な薬を貰うものの、ちっとも回復せず。
数日後、別の病院にて点滴を受け、別の薬を貰いやした。
ただ、その頃には治りつつあったんですけど・・・

だいぶ体重が減って、なにも食べれず、ただ元気は元気でした。
結局本当にバリウムアレルギーだったのか、なんかよくわかりませんでしたけど・・・
とりあえず、来年からバリウムはやらないほうがいいということに。




点滴から2日後、体力の回復は出来てないままに、
13年ぶり?くらいに飛行機に乗り、福岡へ。
正直、ちょっと歩いただけで筋肉痛になるほどに体力は落ちてました。

でもって、パニック障害持ちのおちょび・・・
薬は一応持っていたけど、どうなるのか?

・・・いやー、なにごともなく、興奮してテンションがおかしいまま
無事に到着しました。



あらすぃぃぃぃい!!のライブです!
到着してもなお、「本当に私は嵐を見るのか?」と実感わかず(笑)

しかし30代のうちに嵐に会っておきたい!という、よくわからない願望は叶えられ・・・
そして記憶がほとんど飛んでます(笑)

ただ思ったのは、人間はテンションがまっくす過ぎて叫ぶと
「キャー!!」じゃなくて「ギャー!!」になるんだな、と。
なんど叫んだことでしょうかね~。

本当に幸せで幸せで・・・
生きてて良かった、と思いました。



翌日の夕方の飛行機で帰るときは雲の上の夕日がきれいでした~。



そして、ぽぽの心の恋人、たらぼぅとばっけたんからはお花が届きました。
ぽぽとたらぼぅはインコトンネルでデートしてたから、
ぽぽが虹の橋に行ったって会えてるよね、きっと。

ありがとうね。



おばさまは早速新しい家族を・・・
じゃなかった、枯れないお花を贈ってくだすったわ。

生花はドライにして飾りますね。
枯れないお花と一緒に。



そして手のかかるぷっちゃん。
やっぱりいつもいるおねえたんがいなくなったことは
もちろん分かっているのでしょう、
非常に甘えんぼになり、我儘になり。

毎朝、ぽぽさんにご飯をお供えするのですが、
そのご飯に突入してバリバリ食べちゃうぷっちゃん、
おねえたんに怒られているんじゃないかしら(笑)



一時、異常におとなしくなってしまい、
心配しましたが、すぐにあばれんぼーに戻りました。



ぷっちゃ、生きるよ。
おねえたん、見ててね。



おじぬこも元気です。
相変わらずおデブデブですぜ~。



と、ここでも十分波乱かなーと思うのですが、
さらにおちょびに災難が降りかかってきました。
今年厄年だった?って思うほどですなあ。

先ほど災難にあったという、検診。

ゲリピー&あらすぃー(なんかゴロいいけど、一緒にしたくはないわね・・・)から
復活し、出社しましたらば、
検診したところからアタクシ宛に電話が。

「要精密検査になっていますので紹介状を書きますが・・・どちらの病院がよろしいですか?」

・・・と。
とりあえず頭まっしろー。
最寄の病院を指定するも、予約できたのは1ヵ月後。
引っかかったのはがん検診だったので、
「1ヶ月も先だったら、もし本当にがんだったら進行しちゃうんじゃ??」
とまた検診先に電話し、
紹介状を書き直してもらい、医大へ。

いわゆる、画像での診断に加え、チチに針ぶっ刺して細胞を取るなんて検査もやられ、
「ここまでやられるのは・・・やっぱやばいのかも・・・ぽぽがあたしを呼んでるのかしら・・・」
もう頭グールグル。

本当に生きた心地がしなかったですねー。

こうして書いているってことは良性だったわけですけども、
ぷっちゃんを残して逝く事になったら・・・というのは
本当に悩みましたねえ。

いやー、密度濃すぎな12月でしたよっ。
天国と地獄、両方を見ましたね。

両方あるから相殺、ではないんですよねー。

天国は天国で幸せだったし・・・

地獄は地獄で辛かった。

それはそれ、これはこれ。


ああ~、今月は超絶長い交信になりました。

年末だし、頑張りましたよー。
読んでくれたあなたもお疲れ様でした。

年を取るのはイヤなのよ!

2012年12月09日 05:40

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ



皆様にいつもいつも、とっても可愛がられて愛されたぽぽさん。

9日にはお誕生日を迎えるはずでした。

でも、ぽぽさん、やっぱ美人さんは
若くて綺麗なままでいたかったみたいで、
8日の朝、
神様のところへ旅立つことにしたようです。

くしくも、パニック障害のおかあたんが
必死こいて飛行機に乗り、嵐のコンサートにやっと行けた、
そんな時に。

ぽぽさんは、おかあたんが最高に幸せなのを見届けて、旅立ったのでしょう。
最期まで親孝行な娘です。

顔を見たら、少し笑ってました。
苦しんだ様子は、なかったように思います。

昨夜は抱っこして一緒にねんねこしました。

小さい頃から病気と戦い、
大人になってからは玉でやれ注射やら薬やら。

今はそんなことから解放されて自由なのかしら。

可愛い可愛い、美人のぽぽは
たくさんのおともらちの待つ
虹の橋へ旅立ちました。

たくさんの方に愛して頂きました。
本当にありがとうございました。

ぷっちゃんは多分口うるさいおねえたんがいなくなって不思議そうです。

ぷっちゃんの心のケアにも気をつけてあげないとな、と思っています。

ぽぽはきっと、
「あたしは虹の橋でも1番びぢんねっ」
と思ってることでしょう。

ちゃんと先に虹の橋にいったおともらちと仲良くしてくれてるといいんですが。

本当に、ぽぽを愛して、可愛がっていただき、ありがとうございました。







最期のぽぽのお顔、大丈夫な方は見てあげて下さい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。