スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしているのでしょうか

2011年03月19日 17:33

震災から1週間。

という、ブログ記事があちこちに溢れております。
タイトルを見ただけで
地震のことだな~というくらいに。

私はブログ以外にmixiもやってますが、
普段どおりのことを書くことさえ許されないような雰囲気になっております。

なんていうんでしょうか、笑ってはいけない、みたいな。
(年末のダウンタウンの番組ではなく)

私たち、被災しなかった人間は、
被災した人たちの辛さを考えて笑ったり楽しんだりしてはいけないのかしら、
と、思わされます。

正直分からないですよ、どうなのか。
だって、被災経験ないですから・・・
想像しか出来ません。

ブログでひたすら、心を痛めております、祈っております、
と書き続けなければならないのか。

それが被災者の方々へのなにかになるのか。

心の中で思っていても、ブログでほかの事を書いては
非常識、不謹慎なのか。

分かりませんね、私には。
でも、かといって開き直るほどの人間でもないわけですが。



きっと、そのうち亡くなった方、行方不明の方、
ある程度ハッキリし、方向性が見えてきたら、
メディアへの露出は減っていくでしょう。
そして、その頃からみんな少しづつ思い出す頻度は減っていくのでしょう。

でも、本当の戦いはそこからなハズです。
だけど、一番大変な時に、みんな少しづつ忘れていく・・・。

もちろん、そうじゃない人だってたくさんいるでしょう。


ただ、毎日毎日ネットで同じようなものを見ているうちに、
一体どのくらいの人がずっとずっと同じ心を持ち続けていくんだろう、
ってそう思います。

もちろん、自分も含めね。


でも、できることはします。
と言っても今はまだ・・・ないみたいですが。
募金、しか。
あとは、ガソリンを少しでも無駄遣いしないよう、
寒くてもエアコンは我慢します。
(しょぼすぎるな・・・やることが)

パンはなるべく買わずに作るとか・・・(レベルひくっ!)

前回も書きましたが、いずれ負傷者への献血が必要となったら
頑張ってやりたいと思います。


そう、頑張って・・・。

なぜ、頑張るのかというと。


前から何回か書いたことがあると思いますが、
おかあたんは「パニック障害」ちゅー病気をもっております。

説明が難しいんですけどねー、非常に不便な病気です。
見た目全然病気じゃないですからね。

私はそれでも随分軽くなってきました、数年かけて。

具体的に何が出来なかったかというと、
とにかく、人の中にいれないです。

銀行の順番待ち。レジ待ち。
美容室。歯医者。病院での順番待ち。
仕事。
公共の乗り物。トンネル。
映画。外食。
散歩(もともとあんまりしないけど)。
お風呂。エレベーター。

とにかく「すぐその場から逃げられない」という状態に置かれることが
恐怖でたまらないのです。
はたから見れば「なんで?」な感じだと思います。

本人にも分かりません。
突然恐ろしい恐怖感が襲ってきて息は苦しくなる、
目眩はする、動悸はハンパない、
ありとあらゆる具合悪さが襲ってきます。

と言っても、別に本当に身体がおかしくなってるわけではないので、
発作がおさまれば全て終わります。
発作も数分から数十分。

よく、「体内の非常装置が誤作動を起こしている状態」
といいますが、これが一番いいえているかもしれません。
他の人にはなんでもないこと。
でも、この病気の人にはとてつもなく難しく恐ろしいこと。

一度発作を起こした場所には
「また、そうなるかも・・・」という、強い恐怖感で行けなくなります。

そして、どんどん行けないところが増えていきます。

恐らくは献血もそうだと思います。
ある一定の時間、針(なのか?)につながれてじっとしなければなりませんから。


「頑張って、我慢して行ってみれば平気かもよ」
と、なんでもない人はいうでしょうけど、無理なのです。

むちゃくちゃな例えをすれば、
すごい高所恐怖症の人を
スカイツリーのてっぺんから地上すれすれまでバンジージャンプをさせて、
平気でまたスカイツリーのてっぺんに誘うようなものかしら?
(分かりにくいかしらねぇ)

パニック障害の人はとにかく発作を起こしたら
1人になりたいと思います。(例外もあります)
そして人から離れて、逃げて、じっとしたい、そう思うわけです。

ところが、乗り物とか、歯医者、美容室ってのは、固定されるわけですよ。
それが怖くて怖くてたまらないのです。
特に歯医者なんて、口の中をガーリゴーリ削られるという、
ただでさえ恐怖なのに、発作の恐怖もあるわけで。

今回、おかあたんが歯医者に行ったのは、もう、何年も悩んでやっとなのです。
同じ病気を持つ友達に相談して、いい歯医者さんを教えてもらって、
薬をがぶ飲みして行きました。

おかあたんは嵐が大好きです。
コンサートも行きたいです。
でも、コンサートに行くには飛行機に乗らなきゃ行けません。
もちろん、そこから乗り物に乗って、会場に行き、
超密着した会場で数時間過ごすのです。

パニック持ちには発作を起こしまくりんぐな環境です。

それでも、行きたい、そう思うから、
おかあたんは頑張って歯医者にもチャレンジしたのです。
ここで逃げていたら、嵐には会えないと。

でも。
パニックもちは「頑張れば治る」「頑張れば出来る」
わけじゃ、ないのです。

恐らく私はいい状態の時に行けた、そして
症状が軽くなってきている、だけのことでしょう。
待合室では嵐と、ぽぽぷぷの写真を眺めて緊張をほぐしました(笑)

ちなみに書店にあるパニック障害の本、あれは
私にとっては全然、分かってないよーな感じです。


と、すんごい前置きが長くなりましたが、
現在、パニック障害の患者はとても増えています。
被災した人の中にもきっといるだろう、って思います。

病気じゃなくとも相当怖い思いをしているのです。
パニックの人は一体・・・どうなっているのか、とても気がかりです。

ほっといても、とりたてて死ぬわけではありません。
でも、本人にとっては死ぬほど辛い病気です。
恐らく薬がなければ何度も発作を起こすでしょう。
あっても起こすかもしれないけど・・・。

もちろん、パニックの人のために献血は多分いらないでしょう。
どこか怪我してたりすれば別ですが。


だけど、できる事って、こっちではホント少ないですからね・・・
私は、頑張ってみたいと思ったのです。

あ、もちろん、服薬中の人は献血できないそうですから、
しばらく薬は抜きます。
それが私の出来ること、かな。

あいにくと金持ちには程遠いので、
うなるほどの募金も出来ないし。

でも、きっと発作は起きない気がします。
うん・・・多分ですけど(笑)

嵐を好きになって思ったのです。
発作を恐れるよりももっと強い気持ちがある場合には、
時には頑張れる時もあると。
発作を起こしつつかもしれない、それでも!と思えたら
それが前に進む時なのかもしれないと。

だから、私にとって嵐は単なるミーハーじゃないのです。
いつかコンサートに行けたら、
間違いなく彼らは私の恩人になるでしょう。

いいえ、今でも充分に恩人です。


おそらく、色んな思いがあると思うのですよ、震災関連は。
実際に被害にあった人、遭ってないけど、揺れを感じている人、
停電、買占め、などなどね。

立場によって感じる思いはそれぞれ。

私はなんの被害もなかった1人として思ったことです。
誰が正しいとか悪いとかそういうことじゃなくね。


とりあえず、同じ病気の人がちゃんと薬をもらえてますように、
落ち着けてますようにと思うばかり。
これだけは、身に染みて分かるから。

原発の近くの方、
避難勧告が出て、「さあバスに乗って!」といわれても・・・
原発の恐怖も大きいでしょうが、バスに乗ることの恐怖もあるだろうな、
とか、想像してしまいます。

「それどころじゃなかった」と発作が起きずに済めばいいのですが。
(良くはない状況ですけどね)


と、何が語りたかったのかいつもどおり謎になってしまいましたとさ。


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
  
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ




コメント

  1. お掃除おばさん | URL | UCOZ6Up6

    謎の語りに答えるとさ、全土の人が気持ちに傷を負ったからね~~。
    傷って言うとセンチメンタルになるから怪我って言うわ~。
    怪我がそこそこ治ってくるまで自分なりに安静にしてたり、怪我してるなりに動く準備中だと思うのよ~、治りの経過が人それぞれでー。急に笑うと傷がまだ痛いとかさー。
    なので誰かが笑い始めるとつられて笑い始めると思ってますし、まだ痛い方は休んでいればいいし、みなさんまた元気になりた~いと思ってるはずですからそうなっていくのよ。
    喪に服すとか自粛って意味もあったかもだけどそれは個人の尺度だし、うちの周りなんかさーキャバクラが多いので自粛言ったら街が死にます、復興の助けになりません。
    地震後も普通にキャバクラは営業してて(お客は少なかったと思うけど)そこで働く女の子はエライと思ったわ、気持ちは沈んでたであろうにきっと明るく笑って接客しただろうし、誰がそれを責められるかしらね。話ズレたか??
    おばさんが行ってる歯医者(その言い方は変か)もおちょびさんと同じ症状の方いるし、欝を患ってる方が年々増えてますわね。
    もちろんね、自分の体調のいいときに来てくれるんだと思うんですけど、パニック障害の患者さんはいつも「だめかもしれないけど、だめかもしれないけど」言ってますので、だめだったらできるところまでにするし遠慮しないで~~って事にしてるんですけど、ちょっとした合間にたわいもない話をするとどんどんお話がはずんでいくのよねー、心を開いてくれてんのかしら(いやらしい事に自分ではそう思ってたり)?
    センセがしょっちゅう変わるんで嫌われそうな歯医者なんですけど、おばさんも患者さんとセンセの仲介役みたいなつもりでたわいもない話に励んでおります。怖がりな人の手ぇつなぎながらアシストしたりするしー。
    アレよ、予約の電話が入る際に「もしもし、アタシだけどさ~」と会話の最初から最後まで名前を名乗らずに予約が成立しますのよ、おほほ。
    まあ何が言いたいのかおばさんもわからなくなってますけど、苦手な場所は場所でもそこにいる人が敵ではないからさ、辛さは本人にしかわからないかもだけど手助けしたいと思ってる人は多くいるのよ。
    だから、荒らしがいてよかったじゃんよっ

  2. ばっけ | URL | -

    ちょびたん、心配してくれてありがとね。
    ばっけ、たらぼともに元気にしておりますよ。

    会社は思い切り計画停電の影響を受けて、お引越しまでになってしまったけれど
    うちは、なぜか一度も停電してなくて(地震直後も!)
    ちょっと寒くて、ちょっと暗いけど、ちょっとモノがないけど
    なんとか普通の生活をしてる・・・大丈夫。

    ただ、地震直後の連絡取れない状況を経験してしまっただけに
    心はまだ落ち着かないんだよね・・・
    前を向いて歩ける人だけでも歩いていかなくっちゃいけないと
    分かっているつもりなのに、受け入れられなくって。

    みんないろんな立場で、いろんな思いがあるんだよね。
    今、なにができるかわからないけど、
    自分にできることをやっていくしかないから・・・ね。

    ホント、ありがとね。

  3. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    おばさまへ

    おばさま、答えにくいというか、抽象的な謎にお答えくだすってありがとうですわ。

    まあ、私自身もなんていうかねー、まあ、
    どういえばいいのか、よく分かってないからさー、
    なんともコメントつけにくいだろうなって思ったのよ。

    そうなのよね、受けた怪我(おばさま風にいうとね)は人それぞれで、無傷に近い状態の人もいるわけじゃない。
    「自分は動けて、他の人を助けられますよ!」
    って人が一緒に沈痛な顔してたらどうなの?
    っていうか・・・そんな感じ?

    みなが同じ方向に向かって、復興に向かってがんばろーぜなのはよろしいのよ。
    でも、世の中皆そろって哀しい顔をしようぜ、はなんか違う気がして。
    もちろん、悲しい顔からなかなか笑顔になれない人はいると思うし、それは当たり前なのよ。
    でも、笑顔になれる人はなろうよ、っていうか。
    無神経にヘラヘラしようってことじゃないのよ。

    でも、笑顔になってる人が傍にいて癒されることもあるじゃん?
    そういうことなのですけどね・・・。

    おばさまのご近所にキャバクラがあるなんて
    初耳ですわー、まさかおばさま、密かに働いてないでしょうねえ~?ふふ。

    私のリアルのおともらちにおばさまのファンがいるのよ。
    しょっちゅうおばさまの話をしてますわー、
    おばさまのおっしゃりたいこと、ズレてませんわよっ、というか私の話がズレてるかもですわよお。

    おばさまの歯医者さんにもパニックの人がいらっさるのね。
    手を握ってくれるなんてなかなかナイスじゃ~ん、
    私の手も握ってよ~、おばさま~。
    っていうか、おばさまがいたらさー、
    まるこさんの話とかげんきの話とか聞いてる間に治療が終わりそうよっ。

    でもねっ、無事に歯医者通いは終わりましたわ!
    全部きれいにしてもらったわ!!
    あ~、私頑張った!って思いましたもの~。
    こうしてちょっとづつ、自分に自信を取り戻していけるといいんですけどねっ。

  4. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ばっけたんへ

    ええ~、ばっけたんの会社引越しまでする事態になっちゃったの?
    それは大変だわ。

    おうちが停電してないのはホントよかったね。
    1人でおうちにいて真っ暗なのは心細いもんね・・・。

    ばっけたんは、直接の被災者じゃなくたって、
    実家やむこうのおともらちとか、
    色々・・・心配があったんだもの、まるで
    無傷じゃないでしょう?
    関東でも亡くなった人がいるんだもの、
    そして余震が続いたりしてるから、
    不安になるのは当然よ。
    そんな立場の人がむりくり元気出す必要はないと思うよ!!

    元気が出ない人を、少しずつ笑顔にさせていくのも
    被害がでなかったところの人の役割じゃないのかしらって私は思うのよ。
    無神経に「だいじょぶだいじょぶ」っていうことではなくて、
    痛みを共感することも大事、でも、
    ちょっとづつそこに染みないお薬を塗ってあげて
    一緒に笑顔になれるようにしてあげる人も必要じゃないのかなって私は思ったんだよね。

    だって、たらぼうはきっと、無垢な笑顔をばっけたんに向けて癒してくれてると思う。
    人間だってそうやって傷ついた人を癒してあげればいいじゃない?って思うのよ。

    ばっけたんはゆっくり元気になればいいのさー。

  5. chobirappa | URL | -

    そうですね~、コメントしにくかったです(笑)っていうか思ってることを
    文章にできない… 文才のないわたしです!

    記事や、コメント欄をみてうんうん頷くだけでございます…

    パニック障害という病気は耳にしたこともあるし、漠然とどんな症状か聞いたこともありますが
    わたしはなったことがないので正直つらさを共感することはできません…

    でも理解したい、とは思っています。
    だから被災地でもきっと!と思いたいです!

    あ~っ、やっぱりわたしが一番わけわからんっ

  6. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    chobirappaさんへ

    コメントしずらいですよねー、うん、
    私もアップするかすごく悩んだのです。

    下手したら非情な人、とか思われっかなーとか。
    うーん、私も正直、言いたいことをちゃんと
    書けなかった気はしてます。

    パニック障害は本当、なってみないと
    わかんないと思います、
    でも、それはどんな病気でも障がいでも一緒ですよね。

    どこにいても、分からないけど、
    頭でちょっと理解してみようって思ってくれる人がいるだけで全然違いますよー。


    そして、いつも思うのは
    おばさまってほんとに頭のいい人なんだろうなーってことですよー。
    (突如話題が変わる私)

    ヘンタイで賢いなんてすんばらすぃーお方ですわよね。
    そしてなんて懐の深い人だろうってねー。

    今回のコメントを読んで私もうんうん、って
    思いましたわー。

    そして、こんなコメントしずらい記事に
    あえてコメントくだすったchobirappaさんも
    とってもステキですわっ。
    お小遣いを募金したむすめちゃんもね♪

  7. ほまれ | URL | -

    こんばんは
    はじめまして!

    通りすがりの小桜大好き女です(笑)
    前から時々ブログ見させて頂いてました。

    ちょっと気になったのでコメントさせてください。



    私は強迫神経症の類でパニックになることがあります。

    頭のなかはずっと「どうしようどうしよう」と不安だけを繰り返して
    動悸、息切れ、眩暈、過呼吸が一気にきて何がなんだかわからなくなります・・

    精神的なことが原因の病気ってなかなか治すのが難しいので、頑張ってもなかなか治らないです(そもそも何を頑張ればいいのかわかりませんよね)


    ただ、おかあたんさんが献血頑張ってみようって思われているの聞いてなんだかあたしも頑張らないとな、変わらなきゃなって思いました。

    何を伝えたいのかよくわからない文章になってしまいましたが(笑)すいません


    どうか無理なさらずに!!

  8. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ほまれさんへ

    初めまして!
    よくぞこんな記事にコメントくださってありがとうございます。

    コザクラすきなのですね~!!

    強迫神経症、ええ、分かります。
    パニックになるときは本当に・・・
    辛いなんて簡単な言葉で済ませられないほど
    キツいですよね。

    そして、頑張っても、なかなか治すのも難しいし。
    ほんとに、どう頑張ったらいいのか、
    分かりませんよね。
    下手にがんばらなきゃ!って思うことが逆効果だったりするし。

    今回私も伝えたい趣旨がなんなのか、
    ブレているような気もしたのですが、
    それも含め今の自分の気持ちだと思って
    アップしたのですが、
    こうしてほまれさんに少しでも共感してもらえて、嬉しいです。

    献血も、最初は200mlくらいの短時間で出来るのから、
    そして慣れたら成分献血とかも出来ればいいなって
    思って、今色々調べてます!
    きっと、私、血は多い気がするんですよ!(笑)

    献血出来たら、
    「パニック障害でも、献血がんばれたよ!」
    って、またパニックの人の希望?になれたらなーなんて。

    なかなか、私個人で見たら世の中に役に立つことなんて出来ないし・・・
    私の血液なんかで助かる人がいるなら
    可能な限りどっさりあげたいと思います。

    ほまれさんも、無理はしないで、
    ご自分に出来ることをちょっとづつしていけば
    充分だと思いますよー!
    出来ることは人それぞれですもん。

    お互い、無理は禁物です。
    ほんとにコメントありがとうございました。

    (私の返事もなんか意味不明ですねー)

  9. ます | URL | -

    無理はなさらないでくださいね☆

    お久しぶりです!

    お気持ち、とてもよく分かります。
    私も、最初のうちは「笑ったりとか明るい話とかダメなのかな」などと
    思っていましたが、今、日本全国でそういう気持ちになってしまうと
    皆が精神的に辛い状態になってしまうと思います。
    「日常生活を普通に過ごすこと」も支援の一つだと私は思っています。
    わたしは、主治医から「これ以上病状を悪くしないためにも気分転換は必要なんだよ」と
    教えられました。


    東京も、最初の1週間ほどは暗い顔をした人たちであふれていましたが
    段々と雰囲気が柔らかくなっていっている気がします。
    街からはきらびやかなネオンサインが消えましたが、昨日は月がとてもよく見えました。

    どうか、そのままのちょびうささんでいて下さい。
    献血も、無理なら無理でいいと思います。
    薬を減らして体調が悪くなってしまったら、
    また戻すのに辛い思いをされるかもしれません。
    行ってみてだめならそれでいいし、できたら「やった!」ぐらいな。

    募金だって、「1度に10万円!」とかよりも
    毎月1000円を1年、2年続けるほうが「忘れない」意味ではいいのかもしれません。

    なんだか生意気なことを書いてしまいましたが・・・。
    わたしは、いつものちょびうささんも悩んでるちょびうささんも好きです!
    だから、決してお体に無理のないように・・・と願っています。

  10. じゅん | URL | -

    こんあいば~!!(ちょっとでも明るく)
    確かに笑ってはいけないって感じありましたよね。
    CMもACしかなくて。まほうのことばで~っていうCMは好きでしたけどw

    私も感じる事、思う事はたくさんあるのですが
    なんせ文章にできないので、ちょびうささんの記事を読んですごいな~て思いました。

    ちょびうささんがパニック障害。。。知りませんでした。
    私の知識では「中川家」のお兄さんがかかってたなってことぐらいです。
    なので、経験のない私にはなんて言えばいいのか分からないのだけど
    歯医者に行けたこと、そしてガンツを見に行けたことは
    すごくすごく勇気のいることだったのですね。

    私もほんとちっぽけな悩みだったんですけど、悶々としてる時期があって
    そんな時に「僕が僕のすべて」っていう嵐さんの歌を聴いて
    ほんとに心がふわっと軽くなったことがありました。
    私にとってもミーハーだけではなく、結構心のよりどころだったりします。

    私はちょびうささんにAUのパンフレットの事で声をかけていただいて
    本当にうれしかったんですよ!!
    いつか同じコンサートに参加できるといいですね!!
    簡単には言えませんが、その時は全力で応援しますから。

    どう言えばいいのか分かりませんが、3歩進んで2歩下がるぐらいの
    ゆっくりな感じで共に1歩ずつ進んでいければいいなと思います。
    これからも嵐友&鳥友でよろしくどうぞ!!

  11. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ますさんへ

    なんだか、「ますさん=北海道」というイメージが未だに私、抜けないですよー(笑)

    ご心配頂いて、ありがとうです。
    もちろん、無理はしないつもりです。
    それに、多分、献血だって、今日明日の問題じゃないでしょうしね・・・
    本当に必要になってくるのはもっと先かもしれないし。
    ただ、自分に出来ることはしたい、という・・・
    心構え、みたいなものでしょうかねえ。

    でも、献血ってそんなに長い時間じゃないみたいだし、
    がんばれるかもー、なんて思ったり。

    東京は余震とか、あと、買占め問題とかあって、
    精神的に疲れるのでは、と心配ですよ。
    さっきテレビでは買占めについては
    物流が週末辺りにはよくなってくるから
    解決しそうだ、なんて言ってました。

    高知では少なくとも生活必需品が
    ない、ということはないので、
    「物がない!」という状態って
    怖いんだろうなって思います。

    でも・・・明るくいようぜ!って思う自分でも、
    あまりにも震災の関連番組ばっかり見てると
    沈んでしまいます。
    時折は録画してた番組などで気分転換してますけどね。

    ますさんに「そのままのちょびうささんでいて」
    と言ってもらえたこと、とても嬉しいです。
    なかなかねー、ありのままの自分を認めてもらえるってこと、ないですし。

    ますさんも、上手に気分転換をして、
    お互い・・・お玉なインコに振り回されつつ、
    やっていきましょうね。

  12. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    じゅんさんへ

    おっ、こんあいばときたか~、
    じゃあ、私は
    こんばん和~!と返しましょう!(笑)

    と、今コメントを打っていて、ちょっとニヤってしちゃいました。
    普段はだいたい、お返事するときは
    ニヤニヤしていることが多いのですけどね~、
    ここんところは神妙な顔でお返事を書くことが多くって。

    ちょっと久しぶりの感覚でしたけど、
    そう、こうやってちょっとづつ、
    普段を取り戻していくんですよね。

    あの「まほうのことばで~」は
    強烈に「ぽぽぽぽ~ん!」が頭にこびりついて、
    いつもそこをハモって叫んでしまいます。
    (歌うんじゃなくて叫んでます・・・)

    私は文章を書くのが基本的にすきなのですけども、
    こうして記事にしてみるとやはり、
    言いたいことをきちんと伝えきれてるのかな、って不安はいつでも付きまといます。
    曲解されるかもしれない、とかね。

    パニック障害、もっと近くにいますよ、
    私たちにとっては。
    嵐ちゃんたちの先輩、堂本剛くんですよー。
    詳しくは知らないのですけど、そうだったハズ。

    芸能人でパニック障害って、本当に
    筆舌に尽くしがたいほど大変なことじゃないかって思うんですよね。
    中川家のお兄ちゃんとか堂本くんとか、
    よくぞ引退しなかったなあ・・・って
    尊敬しますもん。

    私は映画はもう、ほとんどだいじょぶなんですけど、
    ガンツは結構キましたよ~、エグかったんで(笑)
    歯医者はホント~~~に行くまでは
    何も手につかないほど恐ろしかったけど、
    行ってみたら、歯科衛生士さんとか、
    優しくて意外にだいじょぶだったー!って
    嬉しくなりました。

    嵐ちゃんたちって、なんかこう、
    心にスッと入ってきますよねー。
    ファンだから?いや、彼らが彼らだったから
    ファンになったんだろうと思うし。

    僕が僕のすべてでじゅんさんも
    嵐ちゃんたちに支えてもらったのですねー。

    じゅんさんにパンフのことで声をかけたのも、
    そもそもはといえば、
    じゅんさんがここにコメントをくれて、嬉しかったからですよー。
    嵐ちゃんを好きな人に悪い人はいない、
    な~んて(笑)

    でも、そのおかげでこうして仲良くさせてもらえて嬉しいです。
    いつか!
    コンサートで一緒に盛り上がりたいですよね!!
    ・・・ちょっと妄想して、ニヤニヤしちゃいましたー。

    こちらこそ、ずっとずっと、
    嵐友&鳥友、よろしくですっ!がんばですっ!

  13. あきつん | URL | -

    はじめまして

    はじめまして!初めて日記読ませていただきました。
    私の友達はパニック障害です。
    この日記を読んで、友達とどう接してよいか分からなかった部分が、分かった気がします。

    ありがとうございました!


    私も震災が起きてからの、楽しんだり、ポジティブな発言をタブー視するような雰囲気には、かなりイライラしていました。
    それは優しさでも愛でもなく、とても見当違いなことだと思います。


    むしろ私達は明るくあるべきだと思います。


    日記にとても共感できました☆

  14. ワタシ | URL | -

    すげー長々書いたのに、全部消えてしまった!!
    ワタシのバカバカバカ!!

    最後の部分だけ覚えているので・・・

    嵐はちょびうささんにとって、とても意味のある大きな存在なのですね。
    いつか、ちょびうささんのコンサートレポを読める日を楽しみにしています!

    原発が落ち着くまで、何も手に着かない感はありますが
    働いて、稼いで、そして使って、どんどん経済まわして不景気をふっ飛ばさないと!
    と思っております。

  15. みず | URL | -

    ここにコメントさせてもらうのは初めてだね~v-22
    ということで、こんさとし~(というのもあるのよんi-278

    あら、私、ちょびしゃんがパニック障害だってこと知らなかった。
    というか、いつも明るいイメージしかないからわからなかったよ~。

    でも、嵐さんがちょびしゃんにとって
    とってもいい効果をもたらしているんだなって、この記事を読みながら思った。
    私も、今回の震災で思ったけど、やっぱりそういうものがあると
    いざという時に生きる力になるよね。
    気持ちが後ろ向きになるのは簡単だけど、前を向いて歩き出すのは本当に勇気がいる。
    そんな時に、背中を押してくれる存在があると頑張れるもんね!
    私も、いつかちょびしゃんと嵐コンサートで一緒に盛り上がりたい~i-1

    それと、もうそろそろ日本全体が明るくなっていかないとね。
    もちろん、いまも大変な思いをされている方もいらっしゃるし
    震災のことも忘れちゃいけないことだけど
    それでも、少しずつみんなが一歩を踏み出さないと
    景気も復興も良い方向に向いていかないよね。
    まさに「果てない空」のようにさi-189

    (あ~私も何書いてるんだかわからなくなってきた(笑))

  16. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    あきつんさんへ

    初めまして!
    お友達がパニック障害なのですね。
    それでもお友達でいてあげてるのは、
    同じ病気の人間としては嬉しい限りです。

    お友達は具合悪くなった時に
    すぐ言ってくれるタイプなのかしら。
    だったら、「大丈夫?大丈夫?」な~んて
    必要以上に心配しないで、
    「トイレあそこにあるよー」とか、
    「じゃ、ここでようか」とか、サッと
    人目につかない場所に誘導してくれるだけでいいんです。
    すぐ落ち着きますから。
    発作の時は、なるべく人目につきたくない!って
    気持ちが強いので。

    なので、パニックもちは初めて行く場所では必ず、トイレの場所チェックをします(笑)

    あきつんさんのお友達も、
    こんなステキなお友達がいてくれれば、
    ちょっとづつ、快方に向かえるんじゃないかしらって思いたいです。

    震災後の重苦しい雰囲気、もちろん、
    現地の方は、被災したところに家族や大事な人がいる方、人それぞれなので、
    一概には言えないとは思うんですけど、
    被害を受けなかった、という人は
    いつもどおりの生活をして、なるべく
    明るく、いつまでも沈まないようにやっていければいいなって思います。

    共感してくださってありがとう♪

  17. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ワタシさんへ

    なんとお~、長文を書いて消えたときのショックは結構なものですよー。
    しばし呆然としてしまうというか。

    ええ、嵐さんを好きなのは、
    けして可愛いだけ、カッコいいだけじゃないんですよねー。
    なんで嵐さんだったかは今となっては不思議でもありますけど(もともとはジャニーズは好きじゃなかったし)、
    でもまあ、きっと、私の周りの友達たち、そして嵐さんたちのおかげでここまでこれたんだと思いますよ。

    コンサートなんかいった暁には
    超~~~~ロングなレポ(はなぢつき)になること、間違いナシですよ(笑)

    そちらのほうも、原発の影響はやはりあるのでしょうか。
    妙に地理には疎いので、どうなんだろう?とは
    思ってましたが・・・。
    早く沈静化しろよっていうか、東電とか、
    情報は全て開示してくれ!と思います。

  18. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    みずしゃんへ

    こんさとしー!←初耳よぉー。

    こっちでは初めてだから、なんか新鮮~(笑)

    パニックの人ってねえ・・・意外に見た目じゃ分からないわよ~。
    あ、見た目はしらないか(笑)
    鬱まで併発しちゃってると見た目もちょっと
    沈んじゃってるような時もあるかもだけど、
    私は黙ってれば口の達者な元気なオッサンだもの。
    だーれも私が病気なんて思わないよぉー。

    でも、多分、そうやって見せないからこそ
    病気になったのかもしれないとは思うんだけどもね。
    まあ、なってしまったものを今更どうこう言ってもしゃーないしね、ちょっとづつやっつけるしかないのだー。
    今までは「もういいや別に。旅行とかしなければ乗り物だって乗ることないし、治らなくったっていいや」って思ってたのよね。
    でも、嵐ちゃんたちはきっと、
    「いつか乗り越えて俺たちに会いに来~い!」
    って伝えてきたんじゃないかしら~(妄想)。
    んで「幸せになる準備」をしていかなきゃなのよ♪

    行ったらきっと「いらっしゃいませええ~~」って言ってもらえるしね(笑)
    そして「調子はどうだああ~~?」って気遣ってもらえるし?
    あははは、うまい具合にハマったわー。

    私はそもそもが普段はネガティブな人なんで
    ほっとくとドンドン後ろ向きな思考カイロにハマっていくんだけどさー。
    だからこそ、前向きになるのは大変だーって思うんだけども。

    ことは日本全体の話だしね、ガッツリ暗くなってもどうなのよーと。
    もちろん、もちろん、立ち上がれない人も、涙がまだまだ止まらない人もたくっさんいる。
    それは当たり前の事で、そんな人が無理しろってことじゃないものね。

    「いつだってもう一度立ち上がろう」
    ってまさにぴったりだよね。


    私もさー、書いてるうちにどんどん迷宮に入っていく感じだったよ(笑)
    でも、ニュアンスで受け取ってもらえれば、って感じ?

    またmixiでねー!

  19. よこぷん | URL | PpnGp4/Y

    たしかに・・・

    ブログをいつもどおりやって非難を受ける人、非難する人
    色々みかけるわね。
    お悔やむだけでなく、できることするしかないものね。
    むやみに現地に行くわけにいかないし。
    経済が滞るほどの節約ではなく、出来る節約
    お金使って復興に役立つならそれもよしよね。
    あ、湯水のように使うお金はないけれど・・・
    ちょびぷんが献血を試みるなんて、アタシからみたら
    すごいことよ~!
    お互い出来ることを100%じゃなく(ほら全力だと続かないじゃない?)
    少し緩めたスピードで長く続けられたらいいよね。


    ぽぽりあんへ
     おかあたんが献血するって言ってるから
    あんまりルビーを産出しないでね~!!

  20. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    よこぷんぴ~へ

    でそー、結構見るのよねぇ。
    まあ、分かるんだけど、どっちもさ。

    でも、あまりにも無神経ならともかく、
    日本全部がどよ~んとしても、ねえ。

    あ、もちろん、私も湯水のようには、っていうか
    まったくお金はないけどさー、
    ま、ちょっとづつでも、よね。

    そうよねー、私はゆっくりと息長くやっていきたいわよぉ。
    だって、いずれ高知も地震来るかもしれないしね。
    どこだってそうだけど、地震大国だしね。

    ぽぽさんは最近ルビー産出しないのよぉー、
    なんでかしらっ。
    献血を見越して今から溜めとけってことなのかしらね(笑)

  21. ここ | URL | W17/znVA

    お久しぶりです。

    ずっと前にケージのことで一度書き込みをさせていただいたことがあります。

    あまりほかの人のブログを読まないのですが、このブログだけはお気に入りに入れていて週に一回は拝見しています(あたしにしては多いほうなのです)

    今回の記事、あたしもずっと同じことを思っていました。
    でもなかなかはっきり言えない空気が漂っていて、
    ですがこの日記をよんだときにすごくスッキリしました。

    このことでずっと色々な話し合いをしてきたのですが、そこで出した答えとちょびうささんの考えが同じで、自分だけじゃなかったんだと安心することもできました。


    このコメントも抽象的になってしまいましたが、どうしても伝えたかったのでコメントさせていただきました。



    話は変わりますが、うちにいるノーマルこざくらのぽぽたんはオトコノコでしたw
    ぽぽさんと同じでおにゃのこだと思ってたのにな!

    ではこれからもお気に入りから読みにきますので、楽しい記事と楽しい写真をお願いしますね☆

  22. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ここさんへ

    あらー、こんにちは!お久しぶりです。

    ぽぽちゃんはなんとー!おとこのことは!
    でもちょっとうらやましーですよっ。
    おとこのこの可愛さも味わってみたいです(笑)

    そうですねえ・・・
    私も、何が正しくて何が悪いとか、
    そういう・・・はっきりしたことではなく、
    なんだか、もやもや?な感じを
    書いてみた、というところでしょうか。

    正直、反応は怖かったですねー、今だから言いますけども。

    よそのブログで、お子さんの誕生日だけど、
    こんな時だからブログでお祝いの記事も書けない、
    っていうのをみて、すごーく「なんで・・・?」って思ったんですよね。
    被災者を応援する気持ちと、我が子を祝う気持ちは一緒に存在してはいけないのか?
    うう~ん・・・・。

    いやっ、そう思う方はそれでいいんだと思うんです。
    でも、私はそこは別かもしれない、出来ることはやる、
    でも、自分の気持ちを押し隠すのは違うくない?
    という、そういう、気持ちですね。

    きっと、自発的に楽しいことをする気持ちになれない、って人もいるし、
    なんだかもやもやするぞ~って人もいる。
    どちらもありなんだと思うけど、
    多分、言葉にしちゃいけないって結構思ってる人は多いのかもしれないな、と思いました。

    でも、うん、私のコメントも毎回歯切れ悪いですけども、
    私は私のやれることをする、
    そして、楽しいことは普通に楽しむ、笑いもするぞ、ということです!!

    ええ~っと、超サボりまくりのブログですけども、
    今後も是非、覗きに来て下さいね~♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chobiusap.blog43.fc2.com/tb.php/1100-e462da80
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。