スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な命

2008年05月28日 07:40

そういえば、私は身近な人の死を経験したことがありません。

もちろん、飼っていた(という表現はあんまり好きじゃないけど)
動物たちは何回も見送ってきました。

その時はとても哀しかったし、
今でも思い出すと哀しいです。

今こうして、動物病院で働いていると、きっと
そういう哀しい場面と遭遇すると思います。

それは、病気であったり、
寿命であったり、事故であったり・・・・。

避けられたもの、避けられなかったもの。
助けられたかもしれないもの、
見送るしかないもの。

早くも、1つそうした場面と向き合いつつあります。
正直、見るたび泣きそうになります。
もちろん、そんなそぶりは見せませんが。
ちょっと、いや結構辛いんです。


こうして、見ていると、
「生きているものは、いずれか死ぬんだ」
という紛れもない事実をまざまざと感じます。

もちろん、人間だってそうです。

身近で人の死を見てこなかったので、
ピンと来ることがなかったけど、
人間だっていずれかは死ぬんだ。
(当たり前だけど・・・・)

命、ってなんだか不思議なものだと思いました。
結局のところ、どうにもできないものなんですよね。

この、辛い思いをしてる子に私がしてあげられることなんか、
多分何もありません。だって医師じゃないから。
「辛い??大丈夫??」
って・・・そんなの飼い主さんだって聞いてあげてるよね。
頑張ろうね、とは言えなかった。

きっと、ここで働いていたら強くなるんだろうな・・・・
でも、鈍感にはならないでいたい、と思った一日でした。

NEC_0224.jpg


ぽぽも、一時は危ぶまれたけど、今じゃガブ子として
名声を得ております。

もしかしたら、ぽぽは、私とぽぽ先生を出会わせるために、
私のところへ来たのかな・・・。
命の大事さをぽぽには何回も教えられました。
諦めてはいけないことを教えられました。

いっぱいカワイコちゃんが来る病院・・・
でもね!
アニマル・ヘルス・テツダイから帰ってきた「おかあたん」には
ぽぽが一番だよ!!
ぽぽが一番キレイ!ぽぽが一番カワイイ!!
ぽぽが一番・・・痛い!(笑)

(つうか、最近ここでのショットばっかり~)


にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ
にほんブログ村 鳥ブログ インコへ


コメント

  1. ワタシ | URL | -

    ワタシは結婚式より葬式出席の数の方が多いです。
    しかもかなり招かれるより招く側。

    人が亡くなるもペットが亡くなるのも悲しさは同じくらいですね。
    ただ、ペットは自分が幸せにしてあげなくてはいけなかったとゆー思いが強くて、ホントに幸せだったのか?つらくなかったのか?もっと何かしてあげれなかったのか?とゆー疑問がうわーってやってきてせつないです。

    動物病院にいると、動物だけじゃなく飼い主さんの辛さも伝わってきてきっと辛いでしょうね。
    もし自分が鈍感になってきた?と感じても、そんなことは決してないと思います。鈍感になってくるのは心を守るから。深層心理ではきっと一緒に涙ぼたぼただと思いますよ。

  2. ぐり | URL | -

    私も身近な人が亡くなったことがあまりありません。
    旦那様のお父さんは付き合い始めたころになくなったので、旦那様は親を大切にしろってことあるごとに言って
    います。きっといろいろ後悔があるのだと思います。

    動物も人間も命の重さにちがいはありませんよね。
    だからちょびうさしゃんが目の前にある命に心を
    いためる気持ち。。。想像するだけで涙が出そうです。
    お医者様や看護士さんたちは、そういう場面に
    慣れているのではなく、1つ1つ心と体に刻みながら
    必死に命と向き合ってくれているのですね。
    そんな素敵なお仕事ができるちょびうさしゃんが
    羨ましいです。

  3. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ワタシさんへ~

    そうだったんですか、招く側が多いのですか・・・
    きっと辛い思いをされてきたのですね。

    私は経験がないもので、当然葬儀に参列したこともなく・・・
    人間は、少なくとも口が聞けるので、マシだと言いますけど、
    でも、辛さを口にされても、同じように辛い気持ちを共有するのだから、どっちがどっちなんていえないですよね。

    とはいえ、動物の場合は、本当にコレであの子は幸せだったのか、本当に本当に悩んでしまいますね。

    鈍くなりたくない、というか多分なれないと思います。
    先生でさえ、なれないそうですから・・・。
    もしかしたら、慣れっこになってしまう獣医もいるかもしれませんし、それは人間の医者でも同じかもしれません。
    でも・・・
    「あ~また死んじゃった」
    なんては思えないでしょう・・・そんな先生だから、
    私もついていく気になったのだと思うし・・・。

    でも!
    元気になる子もいっぱいいます!
    先生が顕微鏡を見て、
    「お~、キレイになってるよ!もうお薬はいいね!」
    って言うと、「ああ~良かったねぇ、良かったねぇ、
    もうおくしゅりいらないって!」←普通にしゃべれ・・・?
    と言ってしまいます。

    悲喜こもごも、です。

    なんだかうまくいえないんですけどね。

  4. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ぐりしゃんへ~

    そうなんですよね、私も大事な「人」は亡くしたことがないので、旦那さんのおっしゃることは、想像することしか出来ないです。
    でも、今母が亡くなってしまったら、
    私は親不孝ばかりして、後悔でいっぱいになるでしょうね。
    1番の親孝行は私の幸せを見せること、そう思ってはいても、少なくとも「女性としての」幸せはもう見せてあげられないだろうから、「人間としての」幸せを摑むことを頑張りたいと思ってます・・・。
    恩返しも忘れずにね(笑)

    私の選んだ仕事は素敵でもあり辛くもあり、幸せでもあり・・・
    「仕事とプライベートは別よ」と割り切れる種類のものではないかもしれません。
    でもなんとなく、私はこうやって2回も結婚に失敗しちゃって(笑)、きっと、男に向ける愛情や努力を動物に向けるために生まれてきたのかもしれない、なんて勝手に考えたりしてます~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chobiusap.blog43.fc2.com/tb.php/458-69e9a451
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。