スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれやこれや。

2009年12月28日 20:27

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへにほんブログ村 鳥ブログ インコへ


2009-12-23A200-009-.jpg

みなさま、大変ご心配をおかけいたしました。
今日、ぽぽさんのレントゲンを見てせんせと相談をしてきました。

カビのほうはまーどっちかというと、
どうでもいいというか、出来ることをしてみて
ご飯を一度新しいのに替えてみて、様子をみてみます。
即座にどうこうって問題ではなさそうなので、
時々うんぴーをみてもらうって感じですので、
そっちはまあいいとしまして・・・。

ぽぽさん、万年発情状態だったみたいなのでふ・・・。
実際に玉ちゃんはそんなにボコボコ産まなくなったので
おさまっているのかと思いきや、
産まないからいいという問題ではないようで。

詳しいことは私も獣医師じゃないので、
断言することは出来ないですけど、
もちろん、発情状態が続くのが良くないのは自明の理です。

ヘルニアっぽくもなっていました。

もちろん、今すぐ重症だとか命に関わるとか、
そういうことではないので、そこは安心しましたが、
このまま発情かも~ん状態で置いておくと
当然さまざまな病気を将来誘発する可能性が高いわけです。

ぽぽさんはある意味非常にストレスに強いというか、
鈍感というか、
外部からストレスを与えてみても気にしないのですね。
実際、病院に連れて行っても全く気にしませんし、
診察室でも寛げる子です。
ということは、家の中でケージの場所をちょいと変えたくらいは
どってことないというわけです。

そう考えると、もっとはっきりとしたアタックが必要です。

なので、まずは肝臓サポート用のペレットを用意し、
それを食べていただくことに。
そして、ご飯はなるべくギリギリの量に。
毎日私が見ているので、ご飯がなくて飢えちゃう、ってことはならないので
様子を見ながら、少なく、危機感をちょっと持っていただく感じで。
おやちゅはかなーり少なく。
室温も鼻水の様子を見ながら下げていくことに。
(卵もっちゃったら対処)
そして肝臓とホルモンのお薬を処方してもらいました。

放鳥は・・・ねえ。
やめる、と言っても運動不足になってもだし、
いきなりストレスがんがんにかけすぎてもどうなのか・・・
しかし、今のところ出てきたら私にべったり。
私が発情源かどうかは分からないけど、
うーん・・・私が部屋の外から覗きながら
1人で遊んでもらう?
それとも・・・私なんか、お面かなんか被っていようかしら・・・(笑)
放鳥もいままでみたいにダラダラ長時間しないことにしてみようと思います。

とりあえず、カビ発見で相当掃除をしました。
環境のせいかは謎ではありますが、
ご飯も開封済みのは捨てて、新しく冷凍してあったものをあけました。
肝サポのペレもあるので、シードはホント少ししか要りませんしね。
カーテンも洗濯、カーテンレールに至るまで拭き掃除、
ご飯入れも改めて熱湯消毒、という感じで思わぬ年末の大掃除と相成りました。

発情問題は多分ながーくかかると思います、というか
長く見ていくべしかなと思ってます。
1年か・・・2年か・・・もしくは一生なのか??
まあいいけど・・・元気でいてくれるなら。
色々相談できる先生がいることは本当に良かったです。
事務的な先生だったらあれこれ相談もしにくいでしょうしね。

ぽぽさんは・・・注射もいとわない(本心は分かりませんけどね)のか、
ケロリとしているのがまあ、こちらとしても救いです。

長い付き合いになるでしょうけど、
いいほうに考えると、ほかにもし病気が見つかったとしても
マメに通っていれば早期発見が出来るということですからね、
そう考えることにしましょう。

実際に先生に話を聞くまではかなーーーりへこんで
べこべこになっていたおかあたんですが、
方針も決まり、腹もくくり、新年を新たな決意で頑張ることにします。
(頑張るのはぽぽか?)

皆様にも心配をかけてしまいましたが、
これからはモンスターペイシェントぽぽ(笑)と2人、頑張ります。

しかし、コザクラ女子の発情はあなどれないと、本当に思いました。
獣医師さんによりけりもあるだろうと思いますので、
なんともいえないのですが、
やはり、元気な状態のときにレントゲンを撮っておくといいだろうなと思いました。
玉ちゃんを産む、産まない、だけでは一概に分からないことがあるんだなあ・・・と実感でした。

PICT0002_20091228195849.jpg

そんな私たちを尻目(ホントに尻むけてるし)に
のんびり股おっぴろげーなおじたん。
あなたは平和ねぇ・・・。
病気知らずでいいことです。

2009-12-23A200-013-.jpg

一方、まずい飯?を食わされることになったぽぽさん、
ご不満は是非発情中止の方向へお願いします。
けしてがぶがぶで発散しないように!!



コメント

  1. お掃除おばさん | URL | UCOZ6Up6

    立つんだ、立つんだ、おちょび!!

    もちついたわね~、おちょびさん。
    ふんふん、メモメモ・・・e-121横入りでお勉強させていただくわー。
    餌の量を激減させると結構発情がおさまるって聞いたことがありますわ。なんとなくボクサーの減量中みたいなカンジだわね。
    そうよねー、できることはまずトライ!心が痛むこともあるかもしれないけどさっ、
    ここ読んでる皆さんも『がんばって!』って、応援してるわよ~。
    対処法も性格によって有効だったり、有効じゃなかったりよね。
    ちょいストレス与えて効いちゃうコもいるだろうけど、キモ座ってるとそうでもないわよー。
    まぁおばさんの攻め方が手ぬるい訳で、どれもコレも効き目がないとそのうち自由にさせてあげることを選択しちゃうやりなげな態度ですが、おちょびさんは頑固一徹貫きそうだもの~。きっとおばさんのお手本になってくださると思っているのよ(他力本願ですまんのぅ)
    悪くなる前に手を打てて良かったのよ、たまにへこむのも良し。へこんだ後は勢いつけて飛べば良し!!飛んでけ~~v-19e-329ギャッe-330

  2. ばっけ | URL | -

    ちょびたんが、ちゃんと説明してくれたから、
    ちゃんと分かった、ありがとう。
    女のコの発情と言えば、お玉さんばかりだと思ってた・・・
    実は、それだけではないんだね。

    うん!!
    今、そのことを考えることができてよかった。
    そういうふうに前向きに・・・だよね。
    ちょくちょく、ぽぽ先生に診てもらえるのは心強いし。
    今はね、ばっけも、2ヶ月に1回の通院になって、
    ちょいと回転の早い健康診断だと思うようにしてる。

    これから、いろいろ工夫して、ぽぽたんにとって
    一番いい方法を見つけてね。
    ちょびたんなら、きっとできると思うから☆

  3. ほ~せん | URL | KEYj9RPo

    ううむ、そうであったか。
    でも、今わかったのは良かったよね。
    先生が近くにいてくださるのは本当に心強い!
    ぽぽ様は強いコだもん、大丈夫。
    ちょびママのコだもんな(^^)

    ひとりっこはどうしても「側にいたい」と
    思ってくれるから
    ひとりで遊びなさいっていうのは難しいわさ。
    ぽいぽい投げとかぽぽ様好きだから
    ふたりで遊べるようになるといいね!
    ガブガブもアリってことで!ふぁいとっ!

  4. noharm | URL | LbC7N53Q

    発情は万病のもとだもんねぇ・・・

    冷凍したのは解凍を完璧にしてから、外に出してしばらく置いて容器の水滴が完全に乾燥から開封した?よくあるのが冷蔵庫から出してすぐに餌を開けて湿気ることだから、でも、まぁ、ぬかりがあるとは思えないから一応ね、心配だから確認ね(笑)
    発情止めるホルモンの薬もらえたのなら、対処はずいぶん楽だと思います、良かったですね(^^)
    でも・・・普段から、軍手が平気なんだもんねぇ・・・確かにストレスに強い丈夫な子。なかなか手ごわそう。ガンバ。(^^;

  5. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    おばさまへ

    立ったわ、ちょび、立ったわ、おばさまああ~!!
    でも、貧相な(?)食事をしているおぽぽさんを見て泣いてしまったわ。いけないわね。

    なんか、もう思考回路がめちゃくちゃで
    「自然の摂理で産もうとしてるのを、こっちが長生きして欲しいって言う願望で好きなもん食べられなくしたり注射したり・・・それってぽぽの望んでること?」
    と思ってみたり、
    「いや、そもそも自然じゃない環境においてること自体がエゴなんだからできる事をして、なるべく自然本来の状態にしてあげるのが努めじゃん。
    甘やかすことが愛情じゃない!」
    とかとかさー、私もつっかえ棒が欲しいわね。

    でも、さすがぽぽさん、ペレットオンリーにしても平然としてボーリボーリ食べてるわよ。
    おやちゅもほんのすこぉぉーーーしシードを上げる程度・・・さすがにあまりにも少しだったからばくばく食ってたけど。

    お外に出るのも30分くらいにして、
    さすがにちょっとは接触もしたわ。
    ここ数日触らないようにしてたから、
    頭にツンツクがいっぱいできてて、
    かわいそうに・・・とまた泣いてしまったわ。
    泣きながらほぐほぐしましたわよ。
    なんてだらしないおかんなのかしら、私。

    どうでもいんだけど、ぽぽにストレスがかかる前に私にストレスがかかってしまいそうよ。
    ええ、私は元から発情してないのにさー。

    だけど、ストレスがかかろうが私は頑固一徹星一徹。
    泣きながらも方針は貫きますわ。

  6. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ばっけたんへ

    女子は玉ちゃんって、分かりやすいようだけど、
    それだけじゃないのよね。
    もちろん、だんすぃもだけどさ。

    ぽぽは今、本人的にはどんどん環境が変えられて、
    へ?って感じかもしれないねー。
    あんま気にしてないっぽいけど。

    た~ちゃんも「短期サイクル」健康診断に行ってる、んだもんね、ぽぽもそうだよ、
    っていうつもりで頑張って通院するわよー。

    本当はもっと早く、っていうか、
    以前にやってた発情抑制を続けていればよかったのだけど、産まなくなったからもう大丈夫なのかなーって思ってたからさ・・・
    はたしてストレスフリーっぽいぽぽさんに
    どこまで有効か分からないけど、
    私に出来ることはどんどん頑張っていくつもりよん♪

  7. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    ほ~やんへ

    そう、ぽぽはつおい子・・・・
    でも、なんか違う方向につおい子っぽいぞー(笑)
    身体がつおい子であって欲しいぞー。
    神経はぶっとそうだが。

    最近考えるのは、
    ライバルが出来ればストレスが
    出来るか?とか・・・
    って私の願望か~?(笑)
    愛情独り占め、じゃなくなったら
    焦るかなあ、とか・・・
    いや、別に愛情を分散させるつもりはねーが。

    セキセイとか、別の種類の子とかさー。

    なんて妄想してみたりする。
    実現するかは別だけどなっ。
    予定もないけどー。

    ほ~やんもさちゅで大変だろうけど
    お互い、工夫しつつがんばろー。

  8. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    noharmさんへ

    冷凍の水滴、ええ、あれは確かに
    気になったので気をつけてますた。

    やっぱふつーの子って軍手やですよねえ・・・
    むしろ軍手ラブのぽぽっていったい(笑)
    一見してちょっといやだなって思うものがあっても
    すぐに慣れてしまい、ほぼびびるモノがないぽぽ。
    まったく・・・
    はっ、ぽぽがビビってほそーくなる時、
    それは私が歌って踊ってる時!!
    ここは・・・私が身体を張るべきなのかも!

    と、とりあえず・・・薬が奏功してくれることを期待ですー。

  9. はっぴ~ママ | URL | -

    そうですか~。
    ぽぽちゃんは、卵さんを産んでいなくても、万年発情状態なのですね。
    これは、咲耶にも注意を向けることが必要ですね。
    早く、カビが良くなりますように。

    今年も、ちょびうささんには、大変お世話になりました。
    ぽぽちゃんのかわいらしさに、いつも癒されました。
    来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
    良いお年をお迎えくださいね。

  10. ちょびうさ | URL | EIezDlm.

    はっぴ~ママさんへ

    そうなのですよ、女の子は大変です。
    咲耶ちゃんもマメに気をつけてあげてくださいね。
    オカメさんはコザ女子よりかは繊細(??)だと
    思うので、ちょっと環境を変えてあげると
    効果的・・・かもしれないですけど、
    過度のストレスになりはしないかと心配ですね。
    お互い、娘には悩まされますけど、
    がんばりましょーね。

    はっぴ~ママさんと咲耶ちゃんにとっても
    いい年になりますように!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://chobiusap.blog43.fc2.com/tb.php/945-c3378887
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。